新サイトはこちら

Netflix配信映画「そして、バトンは渡された」:陸上競技と青春の融合が生み出す感動のストーリー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はそして、バトンは渡されたを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube あざとカワイイ石原さとみの理想の男性像を聞いて逃げていく男たち | そして、バトンは渡された | Netflix Japan

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」のストーリー紹介

まず、この映画は第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を、永野芽郁、田中圭、石原さとみの共演で映画化した作品です。

2021年10月29日に公開されてから大ヒットし、観客動員数100万人&興行収入13億円を突破しました。

物語の主人公は森宮優子(永野芽郁)という女子高生です。彼女は血のつながらない親の間をリレーされるように育ち、これまで4回も名字が変わりました。

現在は料理上手な義理の父・森宮さん(田中圭)と2人で暮らしていますが、将来のことや友だちのことなど様々な悩みを抱えています。

一方、夫を何度も変えながら自由奔放に生きる梨花(石原さとみ)は、泣き虫な娘みぃたん(稲垣来泉)に精いっぱいの愛情を注いでいますが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまいます。

この映画では、「バトン」という言葉が重要なキーワードになっています。

バトンとは、「命」や「想い」や「秘密」や「嘘」など、人から人へ渡されるもののことです。

優子や森宮さんや梨花やみぃたんはそれぞれにバトンを受け取りまた渡すことで成長していきます。

具体的には、

優子は母親からピアノ演奏する才能や音楽好きな性格を受け継ぎますが、母親からもらったピアノ譜「旅立ちの日に」に隠された秘密も知ることになります。

森宮さんは前妻から優子を引き取りますが、前妻から聞かされたある嘘も背負うことになります。

梨花は自分の母親から自由奔放な生き方や魅力的な容姿を受け継ぎますが、自分の母親から隠されていたある事実も知ることになります。

みぃたんは梨花から愛情や笑顔や勇気を受け取りますが、梨花から残されたある遺言も読むことになります。

これらのバトンがどう渡されていくかが物語の見所です。

感動的だけではなく驚きや笑いもあります。

優子は早瀬と再会した際に、彼がピアニストとして成功していることを知ります。

早瀬は優子に自分のコンサートに招待し、優子は喜んで承諾します。

優子は壮介から梨花から届いた手紙を渡されます。手紙には梨花が末期がんで余命わずかだったこと、そして優子の実の母親が誰なのかが書かれていました。

優子の実の母親は水戸香織(安藤裕子)でした。

香織は優子が幼い頃に亡くなっており、優子には記憶がありませんでした。

香織もまたピアノ演奏する才能や音楽好きな性格を持っており、優子は母親からそれらを受け継いだのです。

梨花は香織と同じ高校に通っており、彼女と仲良くなりました。

しかし、香織が秀平(大森南朋)と結婚することを知った梨花はショックを受けます。

梨花も秀平に想いを寄せていたからです。

香織が亡くなった後、梨花は秀平と結婚しました。

しかし、秀平への愛情よりも香織への罪悪感や後ろめたさが募っていきました。そんな中、梨花は壮介と出会います。

梨花は壮介と恋に落ちましたが、彼女は自分が末期がんだということを隠していました。そしてある日突然姿を消しました。

梨花は最期まで壮介やみぃたん(稲垣来泉)や泉ヶ原茂雄(市村正親)らに自分の真実を伝えることができませんでした。

しかし、彼女はそれぞれに手紙を残しました。

壮介やみぃたんや泉ヶ原らもまたそれぞれにバトンを受け取りまた渡すことで成長していきます。

映画「そして、バトンは渡された」では、「バトン」という言葉が重要なキーワードです。

「バトン」という言葉に込められた意味や感情やメッセージを理解することで物語全体の深みや感動度も増すでしょう。

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」の感想/レビュー紹介

私はこの映画を見て、涙が止まりませんでした。

映画のタイトルにもあるように「バトン」という言葉が物語のキーワードになっています。

バトンとは、人から人へと渡されるものであり、それは愛や思いやりだけではなく、苦しみや罪も含むことがあります。

しかし、そのバトンを受け取った人はどうするべきなのでしょうか?

捨てることもできますし、自分だけで抱え込むこともできます。でもそれでは何も変わりませんし、何も解決しません。

この映画では、「バトン」を次に渡すことで、「許し」や「和解」や「成長」が起こることを描いています。

特に印象的だったのは、優子と森宮さんの関係です。

二人は血のつながらない親子ですが、本当の親子以上に深い絆で結ばれています。

森宮さんは優子に対して常に優しく接し、彼女の気持ちを理解しようと努めます。

優子も森宮さんに対して尊敬や感謝の気持ちを持ちつつも、彼から受け継いだ「バトン」に苦しみます。

しかし最後には、「旅立ちの日に」という曲をピアノで演奏することで、森宮さんへの想いを伝えます。

それは、彼からもらった最高のプレゼントであり、彼に返す最高のプレゼントでもあります。

このシーンは、私がこの映画で一番感動したシーンです。

永野芽郁さんのピアノ演奏は本物で、その表情や指先に優子の感情が溢れていました。

田中圭さんも涙を流しながら聴き入っており、二人の親子愛が伝わってきました。

もう一つ印象的だったのは、梨花とみぃたんの関係です。

梨花は自分の過去に苦しみながらも、みぃたんに対しては一生懸命に母親を演じています。

しかし、ある事情から娘を置いて逃げることを決意します。

そのとき、彼女はみぃたんに「バトン」を渡します。

それは、「お母さんはあなたを愛している」というメッセージです。

しかし、みぃたんはその「バトン」を受け取れません。彼女は梨花を恨みますし、自分を捨てられたと思います。

そこで優子が登場します。

優子はみぃたんに対して姉のような存在となり、彼女に「バトン」を渡します。

それは、「お母さんはあなたを守ろうとした」というメッセージです。

そして、優子は梨花に対しても「バトン」を渡します。

それは、「お母さんはあなたを許している」というメッセージです。

このようにして、「バトン」が三人の女性の間で回ります。そして、最後には三人が再会することになります。

この映画では、「バトン」だけではなく「手紙」や「写真」や「髪飾り」など、さまざまなものが大切な役割を果たします。

それらはすべて、「想い」や「記憶」や「願い」を伝えるものです。

そして、それらが人から人へと渡されることで、「絆」や「共感」や「希望」が生まれます。

私はこの映画を見て、人生におけるさまざまな出会いや別れや選択について考えさせられました。

「バトン」という言葉に象徴されるように、私たちは誰かから何かを受け取り、誰かに何かを渡すことで生きています。

その中で大切なことは、「バトン」をどう受け取りどう渡すかだと思います。

「バトン」を拒否したり無視したりするのではなく、「バトン」を受け入れたり理解したりすることで、「バトン」が持つ意味や価値が変わっていくのだと思います。

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」のキャストやスタッフの紹介

永野さんは、血のつながらない親の間をリレーされてきた優子という複雑な心境を見事に表現しています。

田中さんは、料理上手で温厚な森宮さんという役柄にぴったりでありながら、その裏に隠された秘密を感じさせる演技を見せています。

石原さんは、夫を何度も変えて生きる梨花という挑戦的な役どころに挑み、その魅力的で危険な魅力を存分に発揮しています。

また、優子の恋人・早瀬くん役には岡田健史さん、梨花の娘・みぃたん役には稲垣来泉ちゃんがキャスティングされました。

岡田さんは優子とピアノで「旅立ちの日に」を演奏するシーンでは実際にピアノを弾いており、稲垣ちゃんは泣き虫なみぃたんという可愛らしいキャラクターを演じています。

その他の出演者としては、朝比奈彩さんや安藤裕子さんが森宮家の近所付き合いや学校関係者として登場します。

また、水戸さん役に大森南朋さんや泉ヶ原さん役に市村正親さんが重要な役割を担っています。

前田哲監督は、日本の映画監督、脚本家で大道具や美術助手を経験した後に助監督となり、多くの名作に携わりました。

1998年に相米慎二総監督のオムニバス映画『ポッキー坂恋物語』で監督デビューし、以降、『陽気なギャングが地球を回す』(2006)、『ブタがいた教室』(2008)、『こんな夜更けにバナナかよ』、『3000愛しき実話』(2018)などの作品を手がけました。

最近では、瀬尾まいこの小説を原作とした『そして、バトンは渡された』(2021)で報知映画賞監督賞を受賞しました。

現在は、松山ケンイチと長澤まさみが初共演する社会派サスペンス『ロストケア』(2023)や浅田次郎の小説を原作とした時代劇『大名倒産』(2023)などの作品を準備中です。

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」の撮影や制作についての情報

  • 撮影は2020年11月から2021年1月にかけて行われました。
  • 撮影場所は東京都内や神奈川県内のほか、静岡県の伊豆半島や長野県の蓼科高原などで行われました。
  • 永野芽郁さんは、主人公の優子がピアノを弾くシーンに挑戦しました。
    永野さんは幼少期にピアノを習っていた経験がありましたが、撮影前に約2か月間 intensively トレーニングしました。
  • 田中圭さんは、優子の父親である森宮一彦を演じました。
    田中さんは森宮の過去や心情を深く掘り下げるために、原作者の瀬尾まいこさんと直接話し合ったり、原作小説を何度も読み返したりしました。
  • 石原さとみさんは、森宮一彦の再婚相手である梨花を演じました。
    石原さんは梨花の服装やメイクなどにもこだわりを持ち、自ら提案したり試着したりしました。
  • 岡田健史さんは、優子の幼なじみで恋心を抱く早瀬智也を演じました。
    岡田さんは早瀬の純真さや一途さを表現するために、永野芽郁さんとの距離感や目線などに気を配りました。
  • 監督は大根仁さんで、本作が初めての長編映画監督作品となります。
    大根さんは原作小説に感動し、「この物語が映画化されるならば自分が監督したい」と強く思ったそうです。
  • 脚本は大根仁さんと吉田恵里香さんが共同で担当しました。
    二人は原作小説のエッセンスを残しつつも、「映画だからこそできる表現」を追求しました。
  • 音楽は佐藤直紀さんが担当しました。
    佐藤さんは本作のテーマである「命」や「家族」に寄り添うような音楽を作り上げました。

 

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」の評価や批評

  • 「家族」とは何かという問いに向き合う作品です。
    優子は血縁関係ではない森宮さんとの絆を深めていきますが、同時に自分の出自や母親への思いも探求していきます。
    梨花もまた、自分の過去や娘への愛情を見つめ直すことになります。
    この映画では、「家族」とは血縁だけではなく、信頼や支え合いや想いやけれどもで結ばれた人々であることを示唆しています。
  • 「命」と「嘘」というテーマも扱っています。
    優子は自分の命が限られていることを知りませんが、森宮さんや梨花はそれを知っています。彼らは優子に幸せな時間を過ごさせるために、「命」や「嘘」に関するさまざまな決断を迫られます。この映画では、「命」や「嘘」に対する正解はなく、それぞれが愛する人のために選んだ道が尊重されるべきであることを伝えています。
  • 「旅立ち」と「バトン」というモチーフも用いています。
    優子は卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を練習しており、その曲が物語の節目節目で流れます。
    「旅立ち」は優子だけでなく、森宮さんや梨花やみぃたんも経験すること「旅立ち」と「バトン」というモチーフは、優子の命の限界と、彼女が残すものを象徴しています。
    優子は卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を練習しており、その曲が物語の節目節目で流れます。
    「旅立ち」は優子だけでなく、森宮さんや梨花やみぃたんも経験することであり、それぞれが新しい人生に向かって歩み出すことを意味します。
    一方、「バトン」は優子が自分の思いや想い出や音楽を他の人に伝えることであり、それが彼女の生きた証となることを示唆しています。
    この映画では、「旅立ち」と「バトン」が重なり合い、感動的なクライマックスを作り出しています。

 

Netflix配信作品の「そして、バトンは渡された」に関する背景や社会的な意義

背景について

本作は、「家族」というテーマに深く切り込んだ作品です。

家族とは何か?血縁とは何か?愛情とは何か?そうした問いに向き合うことで、登場人物たちの葛藤や成長が描かれています。

特に注目すべきは、優子と森宮さんの関係です。優子は生まれてから4回も親が変わりました

そのため、自分に対する愛情や信頼感が希薄であり、自分自身も愛することや信頼することが苦手です。

しかし、森宮さんは優子に対して常に温かく接し、料理やピアノなどで支えてくれます

森宮さんもまた、過去に失恋した経験から心に傷を負っており、優子と同じように愛することや信頼することが苦手です。

しかし、優子と一緒に暮らしていくうちに、お互いに心を開いていきます

優子と森宮さんは、血のつながらない親子ですが、それ以上に深い絆で結ばれています。

本作は、そんな二人の関係を丁寧に描いており、観る者の心に響きます。

また、梨花とみぃたんの関係も興味深いです。

梨花は自分の欲望のままに生きる女性であり、夫や娘を置き去りにしてしまいます。

しかし、それは本当の自分ではなく、過去に受けたトラウマから逃げるための仮面であることが後に明かされ、梨花は本当は娘を愛しており、優子と同じように親から愛されなかったことで心に傷を負っています。

みぃたんもまた、母親から捨てられたことで心に傷を負っていますが、優子や森宮さんと出会うことで少しずつ笑顔を取り戻していきます

梨花とみぃたんは、血のつながった親子ですが、深い溝があるように見えますが、本作はそんな二人の関係を希望的に描いており、観る者の心に温かさを与えます

社会的な意義

本作は、「家族」というテーマに深く切り込んだ作品ですが、それは現代社会における普遍的なテーマでもあります。

現代社会では、核家族化や離婚率の上昇などで家族の形や価値観が多様化していますが、その中で、血縁や法律だけではなく、愛情や信頼といった感情や関係性が家族を定義する重要な要素となっています。

そんな現代社会における家族のあり方を問いかける作品でもあると思います。

血縁や法律だけではなく、愛情や信頼といった感情や関係性が家族を定義する重要な要素であることを示しており、そして、それらの感情や関係性は決して一方通行ではなく、相手を思いやり尊重し合うことで育まれることを教えてくれます。

「家族」というテーマにも深く切り込んだ作品ですが、それは同時に「人間」というテーマでもあります。

人間は誰しも孤独で不完全であり、愛されたいと願う存在です。

本作はそんな人間の弱さや葛藤を描きつつも、人間が持つ可能性や希望も描いています。

人間は誰しも孤独で不完全ですが、だからこそ他者と出会い関わり合うことで成長し幸せになれる存在でもあるのです。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『そして、バトンは渡された』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました