新サイトはこちら

Netflix映画「ザ・ファブル」の魅力を徹底解説!人気漫画の実写化作品をレビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想とオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はザ・ファブルを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「ザ・ファブル」のストーリー紹介

「ザ・ファブル」は、2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写化したアクションコメディ映画です。

ストーリーは、殺し屋の世界で伝説と呼ばれる「ファブル」こと赤井秀一が、組織のボスから一年間の休暇を命じられ、普通の人間として生活することになるところから始まります。

ファブルは、姉のユカとともに大阪から東京に移り、広告代理店の社員として働き始めます。しかし、そこで彼は、ヤクザの抗争や暗殺計画に巻き込まれていくことになります。

ファブルは、殺さないという約束を守りながらも、自分の正義と信念を貫くために、様々な困難に立ち向かっていきます。

一方、ファブルの存在を知った別の組織の殺し屋たちも、彼に挑戦しようと暗躍します。

果たして、ファブルは一年間の休暇を無事に過ごすことができるのでしょうか?

映画は、殺し屋という特殊な職業を持つ主人公が、普通の人間として生活することの難しさや面白さを描きながら、迫力あるアクションシーンやユーモラスなやりとりを織り交ぜて展開していきます。

映画の見どころは、岡田准一が演じるファブルの魅力的なキャラクターと、彼を取り巻く個性豊かな登場人物たちの関係性です。

ファブルは、殺し屋としての能力は抜群ですが、普通の人間としての感情や常識には疎く、時には天然な一面を見せます。

それに対して、姉のユカや同僚のミサキ、上司の岩井などは、ファブルの奇行に振り回されながらも、彼を受け入れていこうとします。

また、ファブルと敵対するヤクザや殺し屋たちも、それぞれに個性的で魅力的なキャラクターです。

映画は、ファブルと彼らの激しい戦闘や駆け引きを見せながらも、彼らの人間性や感情を描いていきます。

映画の最後は、ファブルが自分の運命に立ち向かう衝撃的な展開になっています。

Netflix配信作品の「ザ・ファブル」のキャストやスタッフの紹介

キャストは、岡田准一をはじめとする豪華な俳優陣が揃っています。

主人公のファブルを演じるのは、岡田准一です。岡田准一は、V6のメンバーとして歌手として活躍するかたわら、俳優としても多くの映画やドラマに出演しています。

ファブルの姉であり、彼のサポート役を務めるユカを演じるのは、吉高由里子です。吉高由里子は、映画やドラマだけでなく、舞台やCMなどでも活躍する実力派の女優です。

ファブルが働く広告代理店の同僚で、彼に好意を寄せるミサキを演じるのは、福田麻由子です。福田麻由子は、モデルとしてデビューした後、女優としても多くの作品に出演しています。

ファブルの上司であり、広告代理店の社長である岩井を演じるのは、佐藤浩市です。佐藤浩市は、日本を代表する名優であり、数々の映画やドラマに出演しています。

ファブルと敵対するヤクザの組長である山本を演じるのは、光石研です。光石研は、舞台や映画やドラマなどで幅広く活躍するベテランの俳優です。

ファブルに挑戦する殺し屋の一人であるジャックを演じるのは、山田孝之です。山田孝之は、若手からベテランまで幅広い役柄をこなす実力派の俳優です。

その他にも、ファブルに挑戦する殺し屋の一人であるミスターKを演じるのは、ムロツヨシです。ムロツヨシは、コメディアンとしても活躍するかたわら、俳優としても多くの作品に出演しています。

また、ファブルの組織のボスである大佐を演じるのは、渡辺謙です。渡辺謙は、日本だけでなく、ハリウッドでも活躍する国際的な俳優です。

「ザ・ファブル」のスタッフは、監督は江口カン、脚本は松井香奈、音楽は佐藤直紀という豪華なスタッフが担当しています。

江口カンは、映画やドラマの監督として多くの作品を手がけており、特にアクションやコメディの分野で高い評価を得ています。

松井香奈は、映画やドラマの脚本家として活躍しており、人間ドラマやサスペンスなどのジャンルで多くの作品を書いています。

佐藤直紀は、映画やドラマやアニメなどの音楽を作曲しており、幅広いジャンルに対応できる才能を持っています。

Netflix配信作品の「ザ・ファブル」の撮影や制作についての情報

映画は、2019年の夏にクランクインし、2020年の春にクランクアップしまし、撮影は、主に東京と大阪で行われました。

東京では、ファブルが働く広告代理店のオフィスや、ヤクザの事務所や倉庫などのロケーションが使われました。

大阪では、ファブルが暮らすアパートや、ファブルとヤクザが対決する橋や川などのロケーションが使われました。

映画の中で見られる迫力あるアクションシーンは、すべて本物の俳優たちが演じています。

特に、岡田准一は、ファブルの殺し屋としての技術や身体能力を表現するために、撮影前から約半年間のトレーニングを行いました。

また、山田孝之やムロツヨシなどの殺し屋役の俳優たちも、それぞれに合った武器や戦闘スタイルを身につけるために、専門の指導者からレッスンを受けました。

Netflix配信作品の「ザ・ファブル」の評価や批評

公開後、多くの観客や批評家から高い評価を受け、映画の興行収入は、約30億円を記録しました。

観客からは、映画のアクションシーンやコメディシーンが楽しめたという声が多く聞かれ、特に、岡田准一のファブルとしての魅力や、吉高由里子のユカとの掛け合いが好評です。

また、山田孝之やムロツヨシなどの殺し屋役の俳優たちの個性的な演技や、佐藤浩市や光石研などのベテラン俳優たちの存在感も称賛されました。

批評家からは、映画のストーリーやテーマが深く考えさせられるという声が多く聞かれました。

特に、ファブルが殺し屋としての自分と、普通の人としての自分との間で揺れ動く姿や、彼が抱える過去や秘密が明らかになる展開が注目されました。

また、映画の監督や脚本家が、殺し屋という特殊な職業を持つ人たちの人間性や感情を描き出すことに成功したという評価もありました。

Netflix配信作品の「ザ・ファブル」に関する背景や社会的な意義についての考察

映画に関する背景としては、原作のコミックは2014年から連載が開始され、現在も続いています。原作の人気に加えて、岡田准一のアクションシーンやコミカルな演技が話題を呼びました。

また、前作に引き続き出演する豪華キャストと、新たに参戦するキャストが入り乱れ、前作をはるかに超えるアクションと笑い、そして衝撃のラストが待ち受ける、アドレナリン全開の超大作エンターテインメントとして宣伝されました。

映画に関する社会的な意義としては、以下の点が挙げられます。

映画は、殺し屋という非日常的な職業を持つ主人公が、普通の人々と交流することで、人間性や感情を取り戻していくという物語ですが、この物語は、現代社会で孤独や無気力に陥っている人々にとって、自分の存在意義や生きがいを見つけるヒントになるかもしれません。

また、主人公が殺しの技術を応用して仕事をこなすシーンは、自分の持つスキルや経験を別の分野に活かすことの可能性や楽しさを示しています。

映画は、自分の人生を変えることができるという希望や勇気を与えるかもしれません。

殺し屋という職業に対するステレオタイプや偏見を覆すことで、人間の多様性や個性を尊重するメッセージを伝えています。

主人公は、殺し屋としての冷徹さや無表情さとは裏腹に、動物や子供が好きだったり、風呂場の浴槽で寝たり、映画や漫画に興味を持ったりという一面を持っています。

また、主人公は、殺し屋としてのルールや信念を持ちながらも、自分の仲間や友人を守るためには、時には殺しをしないという選択をします。

映画は、人間は一面ではなく、多面的で複雑な存在であるということを示しており、人間を一言で判断せず、その背景や事情を理解しようとする姿勢を促すかもしれません。

映画は、殺し屋という職業を通して、社会の暗部や問題にも目を向けることを求めています。

主人公は、殺し屋としての仕事を通して、様々な人間の欲望や犯罪に直面します。

例えば、前作では、政治家や官僚の汚職や権力闘争、続編では、組織の内部抗争や裏切り、暴力団の抗争や麻薬の密売などが描かれています。

映画は、社会の表面だけではなく、裏側にも目を向けることで、社会の現実や問題に気づくことを促しています。

この映画は、視聴者にとって「社会の改善や正義の実現に貢献」することができるという意識を高めるかもしれませんね!

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『ザ・ファブル』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました