新サイトはこちら

Netflix「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」は面白い?評価と感想を紹介

海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外映画のヒットマンズ・ワイフズ・ボディガードを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – ライアン・レイノルズ&サミュエル・L・ジャクソン共演!『ヒットマンズ・ボディガード』予告編

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」のストーリー紹介

Netflixで配信中の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」は、2017年に公開された「ヒットマンズ・ボディガード」の続編です。

前作では、超一流のボディガードのマイケル・ブライス(ライアン・レイノルズ)が、国際的な殺し屋のダリウス・キンケイド(サミュエル・L・ジャクソン)を護衛することになり、様々なトラブルに巻き込まれるというアクションコメディでした。

今作では、ダリウスの妻で詐欺師のソニア・キンケイド(サルマ・ハエック)が加わり、三人が欧州を舞台に新たな冒険に挑みます。

物語は、前作の4年後から始まります。

マイケルは、ダリウスとの関係は続いていましたが、警護資格の審査中であり、メンタルにも問題を抱えていました。

彼はセラピストの勧めで暴力的な行動を避けるようにしていましたが、そんなある日、ソニアから「夫を助けて欲しい」と頼まれます。

ソニアはマフィアに捕まったダリウスを救出するためにマイケルを拉致しますが、その裏には経済的に崩壊しつつあるギリシャの再興のためにEU全域を破壊するテロを企てる海運王アリストテレス・パパドポラス(アントニオ・バンデラス)の陰謀がありました。

インターポールの捜査官ボビー・オニール(フランク・グリロ)から協力を求められたマイケルは、ダリウスとソニアと共にテロ阻止のために奔走します。

しかし、三人は互いに仲が悪く、口喧嘩や暴力沙汰が絶えません。

さらに、マイケルは自分の父親であるマイケル・ブライス・シニア(モーガン・フリーマン)と再会することになりますが、彼は実はアリストテレスの警備主任であり、父子対決を余儀なくされます。

果たして、マイケルたちはテロを阻止できるのでしょうか?

そして、彼らは本当の意味で仲間や家族となれるのでしょうか?

笑いと感動とスリル満載の映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」をぜひご覧ください。

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」の感想/レビュー紹介

この映画の魅力は、やはり主演3人のキャラクターと掛け合いです。

ライアン・レイノルズは、いつものように自虐的で口の悪いコメディアンとして活躍します。

サミュエル・L・ジャクソンは、クールでカリスマ的な殺し屋として見せ場を作ります。

サルマ・ハエックは、破天荒でセクシーな妻として、二人に負けない存在感を発揮します。

この3人が絡むシーンは、笑いとアクションとスリルが満載で、飽きることがありません。

次に、この映画の見どころは、豪華なロケーションと迫力あるアクションです。

イタリアやクロアチアなどの美しい景色がバックに映し出される中で、カーチェイスや銃撃戦や爆発などのスペクタクルなシーンが繰り広げられます。

特に、ラストの船上での決戦は、スケール感とスピード感があります。

音響も素晴らしく、迫力あるサウンドで臨場感を高めてくれます。

最後に、この映画の難点は、やや薄いストーリーと予測可能な展開です。

国際的な陰謀という設定はありますが、それがあまり重要ではなく、単なる3人の冒険のきっかけに過ぎません。

また、登場人物の関係や行動も、前作からあまり変化がありません。

予想通りの展開やオチが多く、驚きや感動は少ないです。

この映画は、主演3人のキャラクターと掛け合いと豪華なロケーションと迫力あるアクションが魅力的なコメディアクション映画です。

ストーリーや展開はそれほど深くはありませんが、笑って楽しめるエンターテイメント作品です。

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」のキャストやスタッフの紹介

この映画は、2020年にアメリカで公開されたドラマ映画で、1960年代のアメリカ北西部を舞台に、不幸の連鎖によって危険な場所に連れ去られてしまった孫の救出のために立ち上がる老夫婦の姿を描いています。

原作は、ラリー・ワトソン(英語版)が2013年に発表した小説『Let Him Go』です。

この映画の最大の魅力は、老夫婦を演じるダイアン・レインとケビン・コスナーという名優ふたりの共演です。

ダイアン・レインは、「ランブルフィッシュ」「ストリート・オブ・ファイヤー」「最後の初恋」などで若くして名声を得た女優で、「アンダー・ザ・トスカーナの太陽」「ナイト&デイ」などのヒット作にも出演しています。

ケビン・コスナーは、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「ボディガード」「ウォーターワールド」などで主演と監督を務めたマルチな才能を持つ俳優で、「ハットフィールド&マッコイ」「イエローストーン」などのテレビドラマでも活躍しています。

ふたりは、「マン・オブ・スティール」でも夫婦役で共演しており、息の合った演技で老夫婦の愛情と苦悩を見事に表現しています。

対する敵役として登場するウィーボーイ一家の女家長ブランチは、レスリー・マンヴィルが演じています。

レスリー・マンヴィルは、「ファントム・スレッド」「マレフィセント2」「ハリエット」などで名バイプレーヤーとして知られる英国出身の女優で、この映画では狂気じみた母性と暴力性を兼ね備えた恐ろしいキャラクターを見せています。

また、ブランチの息子でローナの再婚相手ドニーは、ウィル・ブリテン(英語版)が演じています。ウィル・ブリテンは、「グッド・トラブル」「エヴリシング・サックス!」などのテレビドラマで注目されている若手俳優で、この映画では暴力的で冷酷な男を演じています。

監督は、トーマス・ベズーチャが務めています。

トーマス・ベズーチャは、「幸せのポートレート」「ファミリー・ストーン ~すべてはクリスマスに始まった~」などのコメディ映画やテレビドラマ「THIS IS US 36歳、これから」などで知られる監督で、この映画では原作小説の脚本も担当しています。

音楽は、マイケル・ジアッキノが手がけています。

マイケル・ジアッキノは、「インクレディブル・ファミリー」「ジュラシック・ワールド/炎の王国」「ジョジョ・ラビット」などで有名な作曲家で、「アップ」ではアカデミー賞を受賞しています。

「すべてが変わった日」は、西部劇とサイコスリラーの要素を併せ持つ緊迫感あふれる映画です。

ダイアン・レインとケビン・コスナーという魅力的な俳優ふたりが繰り広げる老夫婦の愛と闘いに注目してください。

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」のメイキング

本作は2020年に全米公開され、興行収入ランキングで初登場第1位を記録しました。

日本では2021年8月6日に公開されます。

今回は、この映画のメイキングについてご紹介します。

監督・脚本を務めたのは、『恋するモンテカルロ』『ガーンジー島の読書会の秘密』(脚本のみ)などで知られるトーマス・ベズーチャです。

ベズーチャ監督は、原作小説を読んだときに、主人公の夫婦の愛情と決意に感動し、映画化することを決めたと語っています。

また、主演のレインとコスナーは、2013年に『マン・オブ・スティール』で共演しており、そのときから夫婦役を演じることを望んでいたそうです。

ベズーチャ監督は、2人の化学反応が素晴らしいと評価し、彼らにオファーしました。

撮影は2019年4月からカナダのカルガリーで行われました。

カルガリーはアメリカ北西部の風景に似ており、映画の舞台にぴったりだったということです。

撮影中は雪や寒さに悩まされましたが、それも映画の雰囲気に合っていたと監督は振り返っています。

また、レインとコスナーは撮影現場で仲が良く、互いに信頼し合って演技していたそうです。

レインはコスナーの温かさやユーモアを称賛し、コスナーはレインの繊細さや強さを讃えています。

映画では、主人公の夫婦が対立するウィーボーイ家という一族が登場します。

彼らは暴力的で支配欲が強く、地元の警察も手出しできないほど恐れられています。

ウィーボーイ家の女家長ブランチ役:レスリー・マンヴィル

ウィーボーイ家の女家長ブランチ役には、『ファントム・スレッド』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたレスリー・マンヴィルが抜擢されました。

マンヴィルはブランチを「恐ろしく魅力的な悪女」と表現し、彼女の心理や背景を探求して演じました。

また、ブランチの息子たち役にはジェフリー・ドノヴァンウィル・ブリテンなどがキャスティングされました。

映画では、主人公の夫婦が旅の途中で出会う先住民の青年ピーター・ドラッグスウルフというキャラクターも重要な役割を果たします。


ピーター役
には『ディセンダント』シリーズで知られるブーブー・スチュワートが選ばれました。

スチュワートは自身も先住民族であることから、ピーターの立場や感情に共感して演じました。

また、ピーターと親しくなるマーガレット役のレインもスチュワートと息が合っていたそうです。

『すべてが変わった日』は、愛する家族を守るために戦う夫婦の姿を描いた感動的なドラマですが、同時にサスペンスやアクションも満載です。

特にクライマックスでは衝撃的な展開が待ち受けており、観客を驚かせます。

原作小説から忠実に映像化した本作は、ダイアン・レインケビン・コスナーの名演技も見どころです。

ぜひ劇場でご覧ください。

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」の評価や批評

まず、この映画の評価としては、高い評価を得ていることが言えます。

アカデミー賞では、主演男優賞、助演女優賞(ジーナ・デイヴィス)、脚色賞の3部門にノミネートされ、助演女優賞を受賞しました。

また、ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門)、助演女優賞の3部門にノミネートされました。

さらに、批評家からも高い評価を受けており、Rotten Tomatoesでは批評家支持率が81%、観客支持率が75%となっています。

Metacriticでは、100点満点中69点というスコアを獲得しています。

次に、この映画の批評としては、私は以下のような点を挙げたいと思います。

  • この映画の魅力は、ダイアン・レインが演じるマーリーのキャラクターにあります。マーリーは、明るく奔放で自由奔放な女性でありながら、孤独や不安を抱えているという複雑な感情を表現しています。
    彼女は、マコンの心に入り込み、彼の生き方や考え方に影響を与えていきますが、同時に自分自身も成長していく姿が描かれています。
    ダイアン・レインは、この役柄にぴったりの魅力的な演技を見せており、観客の心をつかんで離しません。
  • また、この映画は、人生の変化や選択について考えさせられる作品でもあります。
    マコンは、息子を亡くしたショックから立ち直れずに妻と別れた後も、変わらない日常を送っています。
    しかし、マーリーと出会ったことで、彼は自分の感情や価値観に向き合うことになります。彼は、マーリーと一緒にいることで幸せを感じる一方で、元妻や兄弟たちとの関係や自分の仕事にも悩みます。
    彼は、どうすれば自分らしく生きられるのか、どうすれば他人と幸せになれるのか、という問いに答えを探していきます。
    この映画は、観る者にも同じような問いかけをしてくるような深みのある作品です。
  • さらに、この映画は、コメディ要素も含んでおり、笑いと涙を織り交ぜた感動的な作品でもあります。
    マコンやマーリーの言動や行動は、時に滑稽で愉快でありながらも真摯で誠実です。彼らの関係は、紆余曲折やすれ違いがありながらも愛情深く温かです。
    彼らが出会ったことで、「すべてが変わった日」が訪れるわけですが、「変わる」ということは必ずしも「良くなる」ということではありません。
    しかし、「変わる」ということは、「生きる」ということでもあります。
    この映画は、「生きる」ということの意味や価値を伝えてくれる作品でもあります。

以上が私の個人的な評価と批評です!

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」に関する背景や社会的な意義

この映画では、1960年代という西部劇の人気が下降していた時代に、もしも善人と無法者の対決が場所と形を変えて存在したとしたらという仮定がなされています。

主人公の老夫婦は元保安官とその妻であり、西部劇の典型的なヒーロー像を引き継いでいます。

しかし、彼らが立ち向かう相手は、開拓民の辛い歴史と田舎のきな臭さを凝縮したようなウィーボーイ一家であり、サイコスリラーの典型的な悪役像を具現化しています。

ウィーボーイ一家は暴力と支配欲で結束し、家長として暴力の連鎖を生んでいるのは辛酸を嘗めながら生きてきた女性であるブランチです。

この映画は、西部劇とサイコスリラーのジャンルを越えて、家族や命や正義について問いかける作品でもあります。

老夫婦は息子の尊厳のため、孫の命を守るため、危険を冒して州境を越えます。

しかし、彼らが固執する正義感は果たして正しいのでしょうか。

ウィーボーイ一家もまた、自分たちの家族や命や正義を守ろうとしています。

彼らが行う暴力は許されないものですが、彼らにも苦しみや愛情や理由があることを忘れてはいけません。

この映画は、善悪や正邪の二元論ではなく、人間性や複雑さや多様性を描こうとしています。

この映画はまた、ダイアン・レインとケビン・コスナーというかつての青春スター同士が演じる老夫婦の姿が愛おしい作品でもあります。

彼らは多くの映画ファンにとって思い出深い存在であり、彼らが年老いても変わらぬ愛情や信頼で結ばれていることに感動します。

彼らは自分たちの正義を貫こうとする姿勢や行動力にも敬服します。

しかし、彼らもまた時代に取り残されつつあります。

彼らが目指す理想郷はもう存在しないかもしれません。

この映画は、時代の流れや世代交代についても考えさせる作品でもあります。

以上が、「すべてが変わった日」の背景や社会的な意義について私が考えたことです。

この映画は西部劇とサイコスリラーの要素を融合させながらも、それ以上に深く人間的なドラマを描いています。

ダイアン・レインとケビン・コスナーの魅力的な演技も見どころです。

この映画を観ることで、家族や命や正義について改めて考えるきっかけになれば幸いです。

Netflix配信作品の海外映画「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました