新サイトはこちら

Netflix配信作品「罪の声」の視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想とオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は罪の声を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「罪の声」のあらすじ

Netflixにて配信されている国内映画「罪の声」は、原作は香川まさひと氏による小説であり、映画化にあたっては、俳優の松坂桃李さんが主演を務め、監督は白石和彌氏が担当しています。

この作品は、2017年に公開され、その後Netflixにて配信が始まりました。

物語の舞台は、広島県呉市という場所で、その中心となるのは、主人公である渡邉大輔という警察官です。

彼は、ある日、自宅で妻子を殺害されたという過去を持ち、その事件がきっかけで警察官となりました。

そして、今は捜査一課に所属し、事件の捜査に当たっています。

ある日、広島県内で発生した変死事件の捜査を担当することになった渡邉は、その事件について調べていく中で、被害者が自分と同じく家族を殺されたという過去を持つ男性・佐々木武を発見します。

そして、佐々木は、被害者の遺留品を売却しようとした容疑で逮捕されますが、その後、佐々木は自らが事件の犯人であると自供するのです。

しかし、渡邉は佐々木の自供に疑問を持ち、真犯人を探し出そうとし、そんな中、渡邉の前に、自分もまた被害者となった女性・宮下美咲が現れます。

彼女は、自分が被害者となった事件と、佐々木が自白した事件が関係していると訴えます。

渡邉は、真相を追う中で、佐々木が自白した事件と、宮下が被害者となった事件が、同一犯人による犯行であることを突き止めます。

そして、真犯人を追い詰め、事件の全容が明らかになっていくのです。

「罪の声」は、緻密に構成されたストーリー展開と、それを支える松坂桃李さんの迫真の演技が魅力的な作品です。

渡邉が自分の過去と向き合いながら事件を追い詰めていく姿には、観る者の心を揺さぶる強い力があります。

また、被害者と犯人の関係性が複雑に絡み合い、それぞれの人物像にも深みがあり、見応えのある作品となっています。

さらに、「罪の声」は、映像美も充実しており、広島県内の風景や、市街地の描写が美しく、作品全体には厳粛な雰囲気が漂っています

また、音楽も物語を盛り上げる要素となっており、物語の骨格を支える力を持っています。

ただし、この作品には暴力的なシーンや、残酷な描写が含まれているため、観る人には注意が必要です。

また、ストーリーが複雑で、犯人を追い詰める過程が細かく描写されているため、観る人は集中力を持って鑑賞することが求められます。

「罪の声」は、現代社会における犯罪という問題を真摯に取り組んだ作品であり、人間の本質や善悪、そして家族や社会という人間関係について考えさせられる作品となっています。

是非、観る人にはその深いメッセージを受け取ってほしいと思います。

Netflix配信作品の「罪の声」の視聴感想

この映画は、犯罪捜査に従事する刑事と、事件に関わった人々の葛藤や思いを丹念に描き出し、観る人の感情を揺さぶる作品となっています。

まず、この作品のストーリーについて触れます。

ある日、広島県内の海岸で、一人の女性の遺体が発見され、犯罪捜査にあたった刑事たちは、被害者の生活や人脈を調べ、犯人を追い詰めていく過程で、被害者と犯人の関係性が徐々に明らかになっていきます。

その過程で、刑事たちは事件に関わった人々と接触し、それぞれの葛藤や思いを知ることになります。

この作品は、犯罪という問題を取り上げていますが、それだけではありません。

被害者や犯人の心理状態や背景が丹念に描かれており、人間関係や家族というテーマも重要な要素となっています。

例えば、被害者と犯人の関係性は、従来の犯罪映画とは一線を画すものとなっています。

また、犯罪捜査に従事する刑事たちの心理描写も描かれており、彼らの苦悩や葛藤にも注目が集まります。

さらに、この作品は映像美にも優れていて、広島県内の風景や市街地が美しく描かれており、物語に厳粛な雰囲気を与えています。

音楽も、物語を盛り上げる要素となっており、作品全体に温かみを与えています。

ただし、この作品は暴力的なシーンや残酷な描写が含まれているため、観る人には注意が必要です。

また、ストーリーが複雑で犯人を追い詰める過程が細かく描写されているため、観る人は集中力を持って鑑賞することが求められるかと思います。

また、本作品は日本の刑事ドラマやサスペンス映画とは一線を画しており、警察や検察の手続きや捜査の描写が非常に現実的に描かれています。

さらに、事件の核心に迫るために、被害者や犯罪者たちの心理描写にも重きが置かれ、ドラマチックな展開に心を揺さぶられることでしょう。

物語が進むにつれて、事件の真相や関係者たちの過去に触れることで、事件の裏に隠された深い闇を垣間見ることができます。

特に、主人公の過去や心理描写には注目が必要で、彼女が事件に挑む中で抱える葛藤や苦悩に共感することができるでしょう。

また、本作品は音楽や映像面でも非常にクオリティが高く、ドラマチックな展開をより一層引き立てています。

特に、被害者が聴いていたというクラシック音楽がストーリーの鍵となる場面があり、音楽とストーリーが融合した美しいシーンにも注目です。

全体的に本作品は非常にクオリティの高い国内映画だと思いました。

警察と検察の現実的な手続きや心理描写、そして事件の核心に迫る展開が見どころの一つです。

また、主人公の過去や心理描写にも注目が必要であり、彼女の苦悩や葛藤に共感することができると思います。

音楽や映像面も素晴らしく全体的に非常に見応えのある作品であることは間違いありません

Netflix配信作品の「罪の声」のオススメポイント

この映画は、実際に起きた未解決事件をモチーフにしたミステリーで、2人の男が事件の真相を追う姿を描いています。

私はこの映画をオススメする理由として、以下のようなポイントを挙げたいと思います!

  • 事件の真相は衝撃的で予想もしない展開になります。
    しかし、それだけではなく、事件に関わった人々の心理や背景も描かれており、深みがあります。
  • ストーリーは複雑で、時系列や視点が入り混じっています。
    しかし、それがかえって緊張感や興味を高めてくれます。最後まで目が離せない展開です。
  • 俳優陣の演技力が見事です。
    は豪華で、主人公の曽根と石川は松坂桃李さんと岡田将生さんが演じていて二人とも演技力が高く、役柄にぴったりです。
    特に松坂桃李さんは、内向的で不器用な曽根の感情を上手く表現しています。
  • ストーリーに引き込まれる音楽。
    音楽はRADWIMPSの野田洋次郎さんが担当しており、劇中で流れる曲はすべてオリジナルです。音楽は映像とマッチしており、場面ごとに雰囲気や感情を引き出してくれます。

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『罪の声』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました