新サイトはこちら

Netflix韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の視聴レビュー !大人気ドラマの見どころを解説

Netflix(ネットフリックス)で配信中のドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国ドラマのウ・ヨンウ弁護士は天才肌を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube ウ・ヨンウとトン・グラミの挨拶まとめ | ウ・ヨンウ弁護士は天才肌 | Netflix Japan

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のストーリー

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌とは、自閉スペクトラム症でIQ164の天才的な頭脳を持つ弁護士ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)が、一流の法律事務所「ハンバダ」の新人として働き始める姿を描いたヒューマン法廷ドラマである。

法廷や私生活でさまざまな壁に果敢に挑むウ・ヨンウは、正義感が強く優しい訟務チーム職員イ・ジュノ(カン・テオ)や、彼を支える仲間たちと共に、真の弁護士に成長していく

ウ・ヨンウは、幼い頃から父親の持っていた法律関係の本を暗記するほどの驚異的な記憶力と知識量を持っていたが、自閉スペクトラム症のために人とコミュニケーションを取ることが苦手だった。

彼は父親のキンパ屋で働きながら、ソウル大学法学部を首席で卒業し、ロースクールも首席で修了する。

しかし、就職活動では自閉症のせいで不利になり、多くの法律事務所から断られる

そんな中、父親の大学時代の後輩であるハン・ソニョン(ペク・ジウォン)代表弁護士によって、ハンバダ法律事務所に採用される。

ハンバダでは、自閉症のヨンウに対して偏見や嫉妬を持つ同期や先輩もいたが、彼は自分の能力と信念で様々な事件を解決していく。

その過程で、彼はイ・ジュノと出会う。

イ・ジュノは、障害者のための支援団体でボランティアをしていた経験があり、ヨンウに対しても普通に接することができた。

イ・ジュノは、当初は忙しないヨンウを放っておけないと感じて手助けや助言をしていたが、次第に彼の正直で真っ直ぐな姿に惹かれていく一方、ヨンウもイ・ジュノから人間関係や感情表現などを学び始める。

しかし、二人の仲は平坦ではなかった。

イ・ジュノは自分がレズビアンだということを隠しており、家族や社会から理解されない不安に苦しむイ・ジュノ。

しかし、ヨンウはジュノのことを変わらずに愛していた。

一方、ヨンウの父親ウ・グァンホ(チョン・ペス)は、息子の自閉症の原因が自分にあると思い込み、罪悪感を抱えていた。

彼はヨンウに対して、自分が本当の父親ではないという衝撃的な事実を告げる。

ヨンウはグァンホの言葉に混乱するが、彼が自分を育ててくれたことに感謝する気持ちもあった。

そんな中、グァンホは借金取りに襲われて重傷を負ってしまう。

ヨンウはグァンホの病院代を稼ぐために、テサン法律事務所からの誘いを受け入れることにするが、それは彼にとって大きな試練となることになる。

テサン法律事務所の代表弁護士テ・スミ(キム・ジョンナム)は、ヨンウの才能を利用して、自分の野望を達成しようと企んでいた。

彼女はヨンウに、自分が関与した不正事件を隠蔽するように指示する。

ヨンウはスミの命令に従うが、その結果、自分が信じていた正義や友情に裏切られることになる。

一方、ジュノはヨンウがテサン法律事務所に移ったことで心配するが、彼女もまた自分の秘密を暴露される危機に直面し、ジュノは両親や同僚からレズビアンだということを隠していたが、ある日、彼女の元恋人チェ・スジョン(イ・シオン)が現れる。

スジョンはジュノに復縁を迫るが、断られると彼女の写真やメッセージをSNSに流出させてしまう。

ジュノは周囲から冷たい目で見られるようになり、仕事も失ってしまう。

しかし、彼女はヨンウから温かい励ましと愛情を受け二人は困難な状況でも互いを支え合っていくが、やがて、ジュノは障害者支援団体で働くことになり、新しい人生の一歩を踏み出す。

一方、ヨンウはスミの不正事件を暴くために奮闘するが、その過程で多くの敵を作ってしまう。

彼はテサン法律事務所から追放されるだけでなく、弁護士資格も剥奪されてしまう。

しかし、彼は諦めずに真実を明らかにしようとし、そのためには、かつての仲間たちやライバルテ・スミは聴聞会でヨンウの存在を明かされて失墜し、法務長官の夢を諦める。

彼女はヨンウに謝罪し、自分の過ちを認め、ヨンウはスミに対して怒りや恨みはなく、ただ感謝の気持ちを伝える。

チョン弁護士は手術が成功し、無事にハンバダに復帰する。

彼は新人弁護士たちと再び仕事をする喜びを感じ、ミヌは改心して、スヨンと恋が始まりそうになるが、まだお互いに気持ちを伝えられないでいる。

ミョンシクは退院して、ソニと復縁し、彼はソニにプロポーズし、幸せな家庭を築くことを誓う。

ソニはミョンシクの愛に感動し、涙を流しながら承諾する。

ヨンウとジュノは正式に付き合うことになり、お互いの家族や友人たちにも紹介する。

二人は幸せな日々を送りながら、裁判所で正義を貫く弁護士として活躍する。

最後のシーンでは、二人は・・・。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の視聴感想/レビュー紹介

このドラマは、2022年6月29日から8月18日まで韓国のENAチャンネルで放送され、韓国で高い視聴率と評価を得ました。

日本ではNetflixで独占配信され、連日ランキングに入るほどの人気を博しました

私はこのドラマを見て非常にテンポも良くて面白く、そして感動するシーンも数多くありました。

主人公のウ・ヨンウは、自閉症という障害を持ちながらも、正義感と知性と勇気で様々な事件に挑んでいき、彼女は周りの人々とコミュニケーションを取るのが苦手で感情表現も不器用ですが、それがかえって彼女のキャラクターとしての個性と魅力になっています。

彼女は自分の弱さや過ちを認めて成長しようとする姿が素直で可愛らしいです。

また、彼女を支える人々もユニークで魅力的です。

イ・ジュノ(カン・テオ)は、ウ・ヨンウに惹かれていく訟務チーム職員で、彼女に優しく接してくれます。

チョン・ミョンソク(カン・ギヨン)は、ウ・ヨンウの上司でありシニア弁護士で、当初は彼女に反対していましたが、次第に認めて温かく見守ってくれます。

トン・グラミ(チュ・ヒョニョン)は、ウ・ヨンウの学生時代からの親友で、彼女に対して偏見がなく正直で面白いキャラクターです。

このドラマは、法廷ドラマとしても面白くてスリリングなシーンもあります。

ウ・ヨンウが担当する事件は、社会的な問題や人間関係に関わるものが多く、視聴者も考えさせられるものがあります。

彼女は常識や慣習にとらわれずに真実を追求しようとしますが、それが時には危険や困難を招くこともあります。

しかし、彼女は自分の信念を曲げずに戦っていきます。

私の感想としては、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は、自閉症という特殊な設定を持つ主人公が活躍する法廷ドラマでありながら、コメディやロマンスも盛り込まれたエンターテイメント作品でもあります。

ウ・ヨンウの成長物語であり、彼女が自分らしく生きることの素晴らしさを伝える作品で、彼女は自閉症という障害を持っていますが、それが彼女の強みでもあります。

自分の特性や能力を活かして社会に貢献しようと努力しながら、自分の感情や思いを素直に表現しようとします。

そして彼女は自分の幸せや夢も追求しようとします。

私たちは皆、個性や能力が違っていますが、それ自体が私たちの魅力や個性でもあり、そして感情や思いこそが、私たちの生きる力でもあります。

私は幸せや夢を手に入れるといった、根底的な私たちの目標を考えさせられる要素を数多くこのドラマから学びました。

私のイチオシの韓国ドラマの一つです!

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のキャストやスタッフ

主人公のウ・ヨンウ役を演じたのは、パク・ウンビンです。

パク・ウンビンは、2007年に映画「スキャンダル」でデビューし、その後も「夢のチョコレート」「シークレットガーデン」「チーズインザトラップ」などの作品に出演してきました。
しかし、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で初めて主演を務めました。

自閉症の特徴や感情表現を研究し、細かいしぐさや表情でキャラクターを見事に演じきりました。

視聴者からは、「パク・ウンビンは天才だ」「彼女が自閉症ではないと信じられない」「彼女の演技に感動した」と絶賛されました。

ウ・ヨンウの唯一の友人であり、法律事務所の職員であるイ・ジュノ役を演じたのは、カン・テオです。

カン・テオは、「スカイキャッスル」「恋愛時代」「サイコだけど大丈夫」などの作品に出演してきた若手俳優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、正義感が強く優しい性格のジュノを演じますが、ジュノは、ヨンウが自閉症であることを知りながらも偏見や差別をせずに接し、彼を助けたり励ましたりする役割を担いました。

またジュノは、ヨンウと次第に恋愛感情を抱くようになり、ヨンウは自分の感情をうまく表現できないため、ジュノとの関係に悩むこともありました。

カン・テオは、パク・ウンビンとの息の合った演技で、視聴者の心を掴みました。

二人の甘いシーンや切ないシーンには、多くの反響がありました。

ヨンウの父親であり、キンパ屋を経営するウ・ビョンホ役を演じたのは、チョン・ベスです。

チョン・ベスは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品に出演してきた実力派俳優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、ヨンウの自閉症を受け入れて育てた父親として、温かくて愛情深い姿を見せました。
ビョンホは、ヨンウが幼い頃から法律関係の本を読ませており、彼が弁護士になるきっかけを作りました。
また、ビョンホは法律事務所の代表であるハン・ソニョンと大学時代の先輩後輩であり、過去に何か秘密があることが示唆されました。

ヨンウの高校時代の同級生であり、唯一の友達であるトン・グラミ役を演じたのは、チュ・ヒョニョンです。

チュ・ヒョニョンは、「私たちが恋した理由」「サイコだけど大丈夫」などの作品に出演してきた新人女優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、髪に派手な色のメッシュを入れており、服装も派手なグラミを演じました。
グラミは、学生時代に放送室をカラオケ代わりにしたり、学校には来たい時に来るなど不良のような振る舞いをしていました。

しかし、彼女は偏見や嘘が嫌いで正直な性格であり、自閉症のヨンウに対しても普通に接したり、イジメっ子を叩いたりする場面もありました。

法律事務所「ハンバダ」で働く人々も重要な役割を果たしました。

ヨンウの上司であるシニア弁護士チョン・ミョンソク役を演じたのは、カン・ギヨンです。

カン・ギヨンは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品に出演してきた実力派俳優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、当初は自閉症のヨンウの採用に反対していたが、豊富な知識量と奇想天な発想で依頼を真っ向から解決していこうとする姿に徐々に認め始める役を演じました。

ミョンソクは、ヨンウの才能を見出し、彼にアドバイスや指導をしたり、時には叱咤激励したりする存在で、カン・ギヨンは厳しくも優しいミョンソクの魅力を引き出します

法律事務所「ハンバダ」の代表弁護士であり、ヨンウの父ビョンホの大学時代の後輩であるハン・ソニョン役を演じたのは、ペク・ジウォンです。

ペク・ジウォンは、「私たちが恋した理由」「サイコだけど大丈夫」などの作品に出演してきた新人女優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、ヨンウと父ビョンホの過去を知りながらもヨンウを採用した強い女性を演じました。

ソニョンは、ヨンウに対しても公平で厳格な態度を取りましたが、内心では彼を気にかけていました。

ペク・ジウォンは、冷静で聡明なソニョンのキャラクターにぴったり合っていました。

法律事務所「ハンバダ」の新人弁護士であり、ヨンウの同期であるチェ・スヨン役を演じたのは、ハ・ユンギョンです。

ハ・ユンギョンは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品に出演してきた実力派俳優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、当初はなんでもできてしまうヨンウに嫉妬に似た感情を持っていたが根は優しいらしく、ロースクール時代も試験範囲や講義室を教えたり、ヨンウが困っている際は何かと助けてしまう役を演じました。

スヨンは、ジュノに好意を寄せていましたが、ジュノがヨンウに惹かれていることに気づきました。
ハ・ユンギョンは、スヨンの複雑な感情を上手く表現しました。

法律事務所「ハンバダ」の新人弁護士であり、ヨンウの同期であるクォン・ミヌ役を演じたのは、チュ・ジョンヒョクです。

チュ・ジョンヒョクは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品に出演してきた実力派俳優です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、別名腹黒策士と呼ばれるライバル意識の強い弁護士を演じました。

ミヌは、ヨンウにライバル意識を抱いており、周りがヨンウを認め始めても何かと嫌悪感を示していました。

ヨンウの父と代表のソニョンが大学時代の先輩後輩であると知ると、コネによる不正採用であると騒ぎ立てたりも、チュ・ジョンヒョクは、ミヌの嫉妬や劣等感を見せる一方で、時折見せる友情や成長も演じました。

このドラマの演出を担当したのは、ユ・インシクです。

ユ・インシクは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品で知られる名匠です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、自閉症の主人公を描くことに挑戦しました。

彼は、パク・ウンビンとカン・テオに対して、自閉症の特徴や感情表現を研究するように指導しました。

また、ドラマの中で登場する法律用語や事件の内容についても正確に伝えるために、専門家の意見を参考にしました。彼の演出は、視聴者から高い評価を受けました。

このドラマの脚本を担当したのは、ムン・ジウォンです。

ムン・ジウォンは、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの作品で知られる名匠です。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、自閉症の主人公を描くことに挑戦しました。

彼は、自閉症に関する知識や理解を深めるために、多くの資料や文献を読んだり、自閉症当事者や家族と対話したりし、また、ドラマの中で登場する法律用語や事件の内容についても正確に伝えるために、専門家の意見を参考にしたそうです。

彼の脚本は、視聴者からも高い評価を受けました。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のメイキング

このドラマは、自閉症という特殊な状況にある主人公が、法律の知識だけでなく、人間関係や感情表現にも挑戦していく姿が感動的であり、同時にコメディ要素も豊富に盛り込まれているため、視聴者から高い評価を得ました。

Netflixでも日本語字幕付きで配信されており、日本でも人気を博していますが、そんな話題のドラマの裏側を覗いてみましょう!

ドラマ公式サイトやYouTubeチャンネルには、メイキング映像やインタビュー動画がたくさん公開されていますが今回はその中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

メイキング映像

ドラマの撮影現場の様子や俳優たちのオフショットが見られるメイキング映像は、ファンにとっては必見ですよね。ドラマでは見られない表情や仲良しエピソードが満載です!

ウンビンちゃんのVlog

主演のパク・ウンビンがメインで撮影したVlogで、撮影セットの紹介や、みんな大好き済州島回の撮影の裏側もありますよ。

パク・ウンビンは、自閉症のヨンウ役を演じるにあたって、感情をストレートに表現するという彼の特徴を通じて、視聴者にヨンウのありのままの感情を伝えることができると思ったそうです。

ウエディングドレスシーン

2話でヨンウがウエディングドレスを試着するシーンは、ジュノ(カン・テオ)だけでなく視聴者も言葉を失うほど美しいものでした。

そのシーンのメイキングでは、パク・ウンビンがドレス姿で登場するとカン・テオが驚きと感動で携帯を落とすという演技を見せます。

しかし、本編ではカットされたシーンがメイキングでは見られるので、ぜひチェックしてみてください。

国民の悲しい男カン・テオ

7話でSNSで話題になった、

「섭섭한데요(悲しいな…)」

というワード。

このワードがイジュノ旋風をより強いものにしました。

そのシーンのメイキングでは、監督とパク・ウンビン、カン・テオがどのように演技するか入念に打ち合わせをしています。

パク・ウンビンがヨンウとジュノの台本にない気持ちやこの雰囲気を一生懸命提案し、それを納得した顔で聞いているカン・テオが素敵です。

また、カン・テオがパク・ウンビンの顔に近づくと「くどいよ~」と言って逃げるパク・ウンビンもかわいいです。

初のキスシーン

10話でついにキスシーンがありました。このシーンのメイキングでは、監督と俳優たちがお互いの意見を出し合い、みんなが納得して撮影していることが分かります。

2人のシルエットが綺麗に重なるように、そしてヨンウが自分の意思で先にキスした様子を表現するようになど、とても凝っています。

このシーンは間違いなく韓国ドラマ史上に残るキスシーンでしょう。

ヨンウの抱擁椅子イジュノ

11話で交通事故に遭ったヨンウをジュノが抱きしめて落ち着かせるシーンです。

どのように抱きしめるか入念に話し合う監督とパク・ウンビン、カン・テオですが、カン・テオがやると逮捕してるみたいになってしまうのが面白いです。

パク・ウンビンとカン・テオの体格差も胸キュンですね。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の評価や批評

パク・ウンビンは、子役として幼いころから活躍し、日本のドラマを韓国でリメイクした「プロポーズ大作戦~Mission to Love」(2012)でヒロイン役を務めたことで知られています。

その後も、「ホジュン~伝説の心医~」「秘密の扉」「ストーブリーグ」「ブラームスが好きですか(原題)」など多数の話題作に出演し、2021年の「恋慕」は各話放送終了後にNetflixで配信され、韓国国外でも人気を博しました1

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」では、自閉スペクトラム症の特徴や苦悩をリアルに表現するために、パク・ウンビンは事前に多くの資料を読んだり、専門家や当事者と話したりしました。

また、感覚過敏な役柄に合わせて、常にヘッドホンを付けたり、キンパ(海苔巻き)やクジラが好きだという設定を活かしたりしました。

パク・ウンビンは、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」が日本でも大ヒットしたことについて、「本当に人気がありますか?(笑)」と驚きを隠せない様子でしたが、「日本の方々が見てくださっているということはすごく嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えました。また、「日本語で『ありがとう』と言ってくれる方もいて、すごく感動しました」と語りました。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は、パク・ウンビンの演技力や魅力だけでなく、カン・テオやカン・ギヨンなど豪華なキャスト陣や、法廷ドラマとしてのスリルやサスペンスも見どころです。

また、自閉スペクトラム症の人々に対する理解や共感を深めるきっかけにもなる作品です。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」に関する背景や社会的な意義

まず、このドラマの最大の特徴は、主人公が自閉スペクトラム症であるという点です。

自閉スペクトラム症とは、発達障害の一種で、社会性やコミュニケーション能力に難がある人々のことを指します。

自閉スペクトラム症の人々は、一般的な常識や感情表現が理解できなかったり、特定の興味や趣味に没頭したりする傾向があります。

このドラマでは、パク・ウンビンが自閉スペクトラム症の特徴や苦悩をリアルに表現するために、事前に多くの資料を読んだり、専門家や当事者と話したりしました。

また、感覚過敏な役柄に合わせて、常にヘッドホンを付けたり、キンパ(海苔巻き)やクジラが好きだという設定を活かしたりしました。

このようにして描かれたウ・ヨンウの姿は、多くの視聴者に感動や共感を与えました。

特に、自閉スペクトラム症の人々やその家族からは、「自分たちの姿が正しく描かれている」という感想が寄せられました。

また、「自閉スペクトラム症の人々も弁護士として活躍できる」というメッセージは社会的な偏見や差別に直面している人々に希望を与えました。

このドラマは、自閉スペクトラム症への理解や共感を深めるだけでなく、韓国社会の課題も映し出しています。

例えば、第1話では遺産相続問題がテーマとなりますが、これは韓国では高齢化や核家族化に伴って増加している問題です。

また、第4話では脱北者の暴行事件がテーマになりますが、これは韓国では脱北者への偏見や差

別になりますが、第7話では女性の労働問題がテーマになりますが、これは韓国では男女格差やセクハラが深刻な問題です。

ウ・ヨンウは、女性の弁護士として法廷で男性の弁護士や裁判官から見下されたり、侮辱されたりすることもあります。

また、彼女の同僚であるイ・ジュノ(カン・テオ)は、学生時代に障害者のための支援団体でボランティアをしていたことが明らかになりますが、これは韓国では障害者への偏見や差別が根強いことを示しています。

このドラマは、自閉スペクトラム症の人々だけでなく、女性や障害者など社会的に弱い立場にある人々の声を届けようとするメッセージ性が高い作品です。

しかし、それだけではなく、ウ・ヨンウの成長や恋愛、友情など人間ドラマとしても楽しめる作品です。

また、法廷ドラマとしてのスリルやサスペンスも見どころです。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました