新サイトはこちら

Netflix配信韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」は面白い?つまらない?ネタバレなしでレビュー!

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国ドラマの生まれ変わってもよろしくを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

生まれ変わってもよろしくは、2023年に韓国で放送されたテレビドラマです。

シン・ヘソンとアン・ボヒョンが主演を務めました。

このドラマは、生まれ変わりを繰り返す女性と、彼女の恋人を描いたファンタジーロマンスです。

女性は、前世で不幸な死を遂げたため、生まれ変わるたびに記憶を失ってしまいます。

しかし、彼女は毎回、同じ男性に恋をします。

男性は、女性の不幸な人生を守るために、彼女の助けになります。

そして、二人は、愛を育んでいくのです。

このドラマは、生まれ変わりを題材にした、切なくも美しい物語です。

シン・ヘソンとアン・ボヒョンの演技も素晴らしく、二人の恋に心を打たれることでしょう。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」のストーリー

パン・ジウムは、1000年前から何度も転生を繰り返してきた女性です。

彼女は前世での記憶をすべて覚えており、現在は19回目の人生を生きています。

18回目の人生では、裕福な家庭に生まれたユン・ジュウォンとして暮らしていました。

彼女は学校でムン・ソハという少年と出会い、恋に落ちます。

しかし両想いになったのも束の間、ジュウォンはデート中に交通事故に遭って死んでしまいます。

19回目の人生では、ソハともう一度やり直すために生きようと決意するジウム。

彼が専務を務める企業に入社し、彼のチームに配属されます。

しかしソハはジウムのことを忘れており、彼女に冷たく接します。

そんな中、ジウムは前世での妹だったユン・チョウォン(ハ・ユンギョン)や親友だったハ・ドユン(アン・ドング)と再会します。

チョウォンはソハに好意を寄せており、ドユンはソハの秘書兼親友として彼を支えています。

ジウムは何度も告白しようとしますが、ソハは拒絶します。

しかし次第にジウムに惹かれていくソハ。彼はジウムが自分と過去に関係があることに気づき始めます。

果たして二人は運命の恋を成就させることができるのでしょうか?

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」を視聴した感想

シン・ヘソンとアン・ボヒョンの演技が素晴らしかったです。

シン・ヘソンは19回目の人生を生きるパン・ジウムとして、前世の記憶と現世の感情の間で揺れ動く姿を表現しました。

アン・ボヒョンは初恋の相手を失って心に傷を負ったムン・ソハとして、ジウムに対して徐々に心を開いていく姿を演じました。

二人の間には切なくて甘い雰囲気がありました。

ドラマはさまざまな時代や場所を行き来するストーリーでしたが、それぞれのシーンが分かりやすくつながっていました。

特に前世のシーンはカラフルで華やかな衣装やセットが目を引き、また、ジウムが前世の記憶を思い出すときに流れる音楽も印象的でした。

ドラマにはコメディ要素もあり、ジウムがソハに近づこうとするときに起こるドタバタや、ジウムの友人や同僚たちのキャラクターも面白かったです。

特にジウムがフラメンコを踊ったり、反日発言をしたりするシーンは笑えました

ドラマは転生というファンタジー的な要素を含んでいましたが、それ以上に人間関係や愛情について考えさせられる作品でした。

ジウムとソハは何度も生まれ変わっても出会う運命だったのですが、それだけでは幸せになれないこともありました。

二人は互いに傷つけ合ったり、別れたり、再会したりしながら成長していきました。

最終的には自分たちの気持ちを素直に伝え合って、幸せな結末を迎えることができました。

以上が私の「生まれ変わってもよろしく」を視聴してみた感想ですが、このドラマは転生ロマンスが好きな方や、シン・ヘソンやアン・ボヒョンのファンの方におすすめかと思います!

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」のキャストやスタッフ

キャスト

パン・ジウム(シン・ヘソン)

パン・ジウムは、本作の女性主人公です。

彼女は自分の前世を記憶する能力を持っており、現在は19回目の人生を生きており、18回目の人生ではユン・ジュウォンという名前で、ムン・ソハと恋に落ちましたが、交通事故で死んでしまいました。19回目の人生では、ソハと再会することを目的に生きています。

パン・ジウム役を演じるシン・ヘソンさんは、1989年生まれの女優さんです。

2012年に映画「ナイショの恋していいですか!?でデビューしました。その後、「ああ、私の幽霊さま」「彼女はキレイだった」「青い海の伝説」「秘密の森」「30だけど17です」「死の賛美」「哲仁王后」など多数のドラマや映画に出演しています。

美しい容姿と演技力で高い評価を得ており、2021年には第57回百想芸術大賞テレビ部門最優秀女優賞を受賞しました。

 

ムン・ソハ(アン・ボヒョン)

ムン・ソハは、本作の男性主人公です。彼はMIグループ会長の息子で、MIホテル戦略企画チーム専務を務めています。

母親の死後、ユン・ジュウォンが世界の全てでしたが、9歳の時に彼女と遊園地に行く途中で交通事故に遭い、彼女を亡くしました。

そのトラウマで耳を怪我して難聴になり、人と親しくなることを避けて生きています。

ムン・ソハ役を演じるアン・ボヒョンさんは、1988年生まれの俳優さんです。

2010年にドラマ「白い巨塔」でデビューしました。

その後、「梨泰院クラス」「ユミの細胞たち」「マイネーム: 偽りと復讐」など多数のドラマや映画に出演しています。

長身と端正な顔立ちで人気を集めており、2020年には第56回百想芸術大賞テレビ部門新人男優賞を受賞しました。

ユン・チョウォン(ハ・ユンギョン)

ユン・チョウォンは、パン・ジウムの前世、ユン・ジュウォンの妹です。

彼女は偶然出会ったパン・ジウムと姉の姿が重なり、彼女の存在が気になり始めます。

ユン・チョウォン役を演じるハ・ユンギョンさんは、1990年生まれの女優さんです。

2014年にドラマ「賢い医師生活」でデビューしました。

その後、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「スタートアップ」「マイルームメイトは九尾狐」など多数のドラマに出演しています。

可愛らしい容姿とキュートな演技で注目を集めています。

 

ハ・ドユン(アン・ドング)

ハ・ドユンは、ムン・ソハの秘書で幼なじみの親友です。

彼はソハの不安と鋭敏さを和らげることができる唯一の人物です。

ハ・ドユン役を演じるアン・ドングさんは、1992年生まれの俳優さんです。

2016年にドラマ「その年、私たちは」でデビューしました。

その後、「スノードロップ」「サイコだけど大丈夫」「愛することが罪ならば」など多数のドラマに出演しています。

爽やかな容姿とナチュラルな演技で人気を集めています。

 

スタッフ

演出:イ・ナジョン

イ・ナジョンさんは、本作の演出を担当した監督さんです。

彼は「恋するアプリ Love Alarm」「Mine」など多数の話題作を手掛けており、高い評価を得ています。

本作では、前世から続く運命の恋を描きながらも、登場人物たちの心情や成長を

細やかに描写しています。

また、コミカルなシーンや感動的なシーンをバランスよく盛り込んで、視聴者の心をつかんでいます。

脚本:チェ・ヨンリム、ミン・イェジ

チェ・ヨンリムさんとミン・イェジさんは、本作の脚本を担当した作家さんです。

彼らは同名の人気ウェブトゥーンを原作として、ドラマ用にアレンジしています。

ウェブトゥーンのファンにも満足させるだけでなく、ドラマのオリジナリティも出すために、登場人物の設定やストーリーの展開に工夫を凝らしています。

また、キャラクターのセリフや心理描写にも細心の注意を払っており、視聴者の感情移入を促しています。

 

キャスト、スタッフまとめ

以上が、Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」の「キャストとスタッフの紹介」でした。

このドラマは、前世から続く運命の恋を描いたロマンティックコメディですが、それだけでなく、登場人物たちの人間関係や成長も見どころです。

シン・ヘソンさんとアン・ボヒョンさんをはじめとする豪華なキャスト陣と、話題作を手掛けたイ・ナジョン監督とチェ・ヨンリムさんとミン・イェジさんの脚本家コンビが贈る本作は、韓国ドラマファンには見逃せない作品です。

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」のメイキング

ドラマは人気ウェブトゥーン原作で、LEEHYE作家による同名の作品が原作です。原作はLINEマンガで日本語で読むことができます。

ドラマは「恋するアプリ Love Alarm」「Mine」などで注目を集めたイ・ナジョンが演出を担当し、チェ・ヨンリムとミン・イェジが脚本を担当しました。

  • シン・ヘソンは19回目の人生を生きるパン・ジウム役で、前世の記憶を持つ不思議な力を持つ女性を演じました。
    シン・ヘソンは「30だけど17です」「死の賛美」「哲仁王后」などの作品で知られています。
  • アン・ボヒョンは33歳のムン・ソハ役で、愛する人を失った悲しみから人と深く親しくなることを避けて生きている男性を演じました。
    アン・ボヒョンは役作りのために8kg減量しましたアン・ボヒョンは「梨泰院クラス」「マイネーム: 偽りと復讐」などの作品で知られています。
  • ドラマではシン・ヘソンとアン・ボヒョンの初めての共演だけでなく、シン・ヘソンと「賢い医師生活」「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のハ・ユンギョン、「その年、私たちは」「スノードロップ」のアン・ドングも共演しました。
    また、「愛の不時着」「わかっていても」「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」など人気作のメイキング映像や予告編が来場者を囲む大スクリーンで流れるなど、Netflix韓国恋愛ドラマのロマンティックな世界に浸れる空間となっていました。
  • ドラマではシン・ヘソンとアン・ボヒョンの前世から現生へのアイコタクトやキスシーンなどが話題になりました。
    また、シン・ヘソンが演じるパン・ジウムの前世や現生での多彩なファッションや髪型も注目されました。
  • ドラマでは時間を超えて運命の相手を探し出す真っ直ぐで純粋なラブストーリーに加えて、死後、残された人々には慰めが届くことを願うメッセージも込められていました。

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」の評価や批評

ドラマ「生まれ変わってもよろしく」は、輪廻転生というファンタジー要素を取り入れながらも、現代社会で起こる恋愛や友情、家族関係などのリアルな問題にも触れています。

主演のシン・ヘソンとアン・ボヒョンは、それぞれ異なる時代や性格の役柄を演じ分けており、二人の化学反応が見どころです。また、脇役も個性的で魅力的なキャラクターが多く登場します。

ドラマはコメディやロマンスだけでなく、サスペンスやミステリーも盛り込んでおり、次の展開が気になるストーリーです。

OSTも素晴らしく、ドラマの雰囲気を盛り上げています。視聴者からは高い評価を得ており、Filmarksでは3.8点(5点満点)というスコアがつけられています。

ドラマの批評

ドラマ「生まれ変わってもよろしく」は、原作漫画を忠実に再現しており、原作ファンにも満足できる作品です。

しかし、一部の視聴者からは、ドラマの設定や展開に対して不満や疑問が挙げられています。

例えば、以下のような点です。

  • バン・ジウムが前世の記憶を持っていることがバレないのは不自然ではないか
  • ムン・ソハがバン・ジウムに対してストーカー行為をするのは恐怖ではないか
  • バン・ジウムとムン・ソハの年齢設定がおかしいのではないか
  • バン・ジウムが突然フラメンコを踊るシーンは必要なのか
  • ドラマに反日的な要素が含まれているのは不愉快ではないか

これらの批評は、ドラマの論理性や感情移入度に影響を与えると考えられます。

しかし、これらの点は、ドラマのジャンルやテーマを考えると、あまり重要ではないとも言えます。

ドラマはファンタジーとロマンスを主軸にしており、現実とは異なる世界観を描いています。

そのため、細かい矛盾や不合理さはあまり気にしなくても楽しめる作品だと思います。

また、反日的な要素については、ドラマの中で政治的な主張をするわけではなく、歴史的な事実や背景を示すだけであると解釈できます。

ドラマは文化や価値観の違いを超えて人間関係や愛情を描くことに重点を置いています。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」に関する背景や社会的意義

このドラマは、背景にある社会的な問題や現象を描きながらも、それらに対する肯定的なメッセージや解決策を提示しています。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 転生や前世の記憶に関する関心
    転生や前世の記憶は単なるファンタジーではなく、人間の成長や愛に関する重要なテーマとして扱われています。ジウムは1000年間の転生の中で、戦争や暴力、悲しみや苦しみを経験してきましたが、それでも最愛の人ソハと出会うために生き続けました。彼女は自分の過去を否定せずに受け入れ、それを自分自身の強みとして活かしました。

    転生や前世の記憶を通じて、人間の魂は永遠であり、愛は時間を超えて続くというメッセージを伝えています。

  • 1990年代への郷愁
    1990年代はジウムとソハが初めて出会った幸せな時代として描かれていますが、同時に現実的な問題も忘れていません。例えば、ジュウォンとソハが出会ったきっかけは、ソハの母親がジュウォンの母親に借金を返すために彼女の家に行ったことでした。また、ジュウォンが亡くなった交通事故は、彼女の父親が運転する車が暴走族に追突されたことが原因でした。

    1990年代を美化せずにリアルに描きながらも、その時代に生きた人々の夢や希望、情熱や純真さを称えています。

  • 障害者への偏見や差別
    ソハが聴覚障害者であることを隠して生きる姿を通じて、障害者への偏見や差別がどれだけ深刻な問題であるかを示しています。しかし、同時にジウムがソハに寄り添い、彼の障害を理解し受け入れる姿も描いています。また、ソハ自身も自分の障害を克服しようと努力し、周囲から信頼される専務として活躍しています。

    障害者への偏見や差別を批判しながらも、障害者の能力や可能性を肯定し、社会的な支援や理解の必要性を訴えています。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「生まれ変わってもよろしく」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も韓国ドラマ『生まれ変わってもよろしく』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました