新サイトはこちら

Netflix配信作品 映画「梅切らぬバカ」の視聴レビュー

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「梅切らぬバカ」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は「梅切らぬバカ」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 加賀まりこ&塚地武雅『梅切らぬバカ』本編映像

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」のストーリー紹介

「梅切らぬバカ」は、2021年11月12日に公開された日本映画で、加賀まりこと塚地武雅が親子役で共演しています。加賀まりこにとっては、54年ぶりの映画主演作となります。

ストーリーは、老いた母・梅子(加賀まりこ)と自閉症の息子・正夫(塚地武雅)が、東京の下町で暮らす姿を描いています。

梅子は、正夫が生まれたときからずっと彼を守ってきましたが、自分の寿命が近づいていることを感じています。

正夫は、母親以外の人とはほとんど話せないし、仕事もできないし、恋愛も結婚もできないと思っています。二人は、互いに依存しながらも、孤独な日々を送っています。

ある日、梅子は、正夫に嫁を見つけてくれるように頼みます。

正夫は戸惑いますが、母親の願いを叶えようと思い立ちます。

しかし、正夫が出会った女性たちは、彼の特殊な性格や状況に理解を示さなかったり、利用しようとしたりします。

正夫は、自分に合う女性はいないのではないかと落ち込みます。

そんな中、正夫は、同じ自閉症の女性・美紀(小林涼子)と出会います。

美紀は、正夫と同じく母親(高橋惠子)と二人暮らしで、絵本作家を目指しています。

二人は、お互いに共感し合い、次第に惹かれあっていきます。

しかし、美紀の母親は、正夫を娘の幸せの邪魔だと思っており、二人の仲を反対します。

一方、梅子は、自分の死後に正夫を預ける施設を探していますが、どこも満員だったり条件が合わなかったりします。

梅子は、正夫に将来のことを話そうとしますが、正夫は聞く耳を持ちません。

梅子は、正夫に自立して幸せになってほしいと願っていますが、同時に手放したくないという気持ちもあります。

やがて梅子の体調が悪化し、入院することになります。正夫は母親の危篤を知らされますが、「梅切らぬバカ」と言われてきたように、「梅切らぬ」ことを選択します。

しかし、「バカ」ではなく、「愛」だったことに気づきます。

この映画は、「梅切らぬバカ」という言葉からインスピレーションを得た和島香太郎監督・脚本のオリジかのオリジナル作品です。

加賀まりこと塚地武雅は、実際に親子ほどの年齢差がありますが、息の合った演技で親子の絆を表現しています。

また、自閉症の役を演じた塚地武雅は、実際に自閉症の人たちと交流し、彼らの感情や思考を理解しようと努めました。

小林涼子と高橋惠子も、自閉症の役を演じるにあたって、リサーチやトレーニングを行いました。

この映画は、自閉症の人たちの生き方や社会との関わり方を描くだけでなく、老いや死や愛についても考えさせられる作品です。

親子の愛情や葛藤、自分らしく生きることの意味や困難さ、人と人とのつながりや別れなど、普遍的なテーマが盛り込まれています。

笑いあり涙ありのヒューマンドラマとして、多くの人に感動を与えるでしょう。

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」の感想/レビュー紹介

加賀まりこと塚地武雅の演技が素晴らしく、親子の絆や愛情が伝わってきて、私はこの映画を見て、感動でした。

特に加賀まりこは、梅子の強さや優しさや寂しさや不安を見事に表現しており、塚地武雅も、自閉症の武の感情や思考を細かく演じていて彼の内面から溢れるような演技力に触れることができました。

また、この映画は親子だけではなく、周囲の人々との関わりも描いています。

梅子と武が旅をする途中で出会う人々は、最初は彼らを奇異な目で見たり、嫌がったりしますが、次第に彼らの人間性や魅力に気づいたり、助けたりします。

その中には、「おかあかあさんといっしょ」の出演者やスタッフも含まれています。

彼らは、武の夢を叶えるために、梅子と武に協力してくれます。

この映画は、自閉症の人やその家族に対する理解や支援を訴えるメッセージも含んでいます。

この映画の見どころは、梅子と武の旅の風景です。

梅子と武は、東京から大阪までバスや電車やタクシーなどで移動します。

その途中で見る景色は、日本の四季や文化や風俗を映し出しています。

例えば、桜や紅葉や雪景色や海岸線や温泉や神社などが登場し、梅子と武が食べる食事も、日本の郷土料理や名物を紹介しており、おにぎりやおでんやたこ焼きやお好み焼きなどが登場します。

この映画は、日本の美しさや豊かさを感じさせてくれます。

私はこの映画をとても楽しみましたし、感動しました。

加賀まりこと塚地武雅の演技は見事でしたし、和島香太郎監督の演出も素晴らしかったです。

この映画は、親子の愛情や自閉症の問題や日本の魅力を描いた作品です。

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」のキャストやスタッフの紹介

主演の加賀まりこさんは、日本を代表する女優ですが『濡れた逢びき』や『女が階段を上る時』などの名作に出演してきました。

本作では、自閉症の息子・光一(塚地武雅)と二人暮らしする母親・美代子役を演じています。

美代子は、光一が幼い頃から梅の木を大切に育ててきましたが、ある日その梅の木が切られそうになります。
美代子は光一と共に梅の木を守るために奮闘しますが、その過程で光一との関係に変化が起こります。
加賀さんは、自身も高齢でありながらこの難役に挑み、「この映画は私自身の人生でもあります」と語っており、自分の体験や感情を存分に表現しています

光一役を演じた塚地武雅さんは、ドランクドラゴンというお笑いコンビのボケ担当であり、『銀魂』『銀魂2 掟は破るためにこそある』などの映画にも出演しています。

本作で塚地さんは、自閉症で言葉が話せない光一役を演じています。
塚地さんは、自閉症の人物を演じるにあたって、自閉症の方々と交流したり、専門家のアドバイスを受けたりして役作りをしました。
塚地さんは「光一は自閉症というだけでなく、一人の人間として描かれている」と語っており、光一の感情や思考を丁寧に表現しています。

この映画には、他にも豪華なキャストが揃っています。

光一の幼なじみであり、美代子の介護ヘルパーを務める由紀役には、『おっさんずラブ』『ハケンの品格』などのドラマで活躍する田中圭さんが出演しています。

由紀は、光一に対して友情や愛情を抱いており、美代子とも親しく接します。

田中さんは、「由紀は光一と美代子にとって大切な存在であり、彼らの幸せを願っている」と語っており、由紀の優しさや思いやりを演じています。

また、美代子の隣人であり、梅の木を切ろうとする不動産屋・松本役には、『孤狼の血』や『鬼滅の刃』などの映画で見せる演技力が評価されている松山ケンイチさんが出演しています。

松本は、美代子と光一が住む土地を買収しようと画策しますが、その背景には複雑な事情があります。

松山さんは、「松本は悪役ではなく、自分なりの正義感や信念を持って行動している」と語っており、松本の人間性や動機を演じています。

その他にも、美代子と光一が通う梅農家・小林役には、『半沢直樹』『銀魂』などのドラマや映画で活躍するムロツヨシさんが出演しています。

小林は、美代子と光一に梅の木の手入れや梅干し作りを教えたり、助言したりします。

ムロさんは、「小林は美代子と光一にとって心強い味方であり、彼らの成長を見守っている」と語っており、小林の温かさや包容力を演じています。

この映画の音楽は、『君の名は。』『天気の子』などの映画で知られるRADWIMPSの野田洋次郎さんが担当しています。

野田さんは、本作が初めての映画音楽制作ではないものの、初めて自分以外の監督作品に参加したことになります。

野田さんは、「この映画は家族や生きることについて深く考えさせられる作品だと感じた」と語っており、映画のテーマや登場人物の感情に合わせて音楽を作りました。

野田さんは、本作の主題歌「梅」も歌っており、この曲は映画のラストシーンで流れます。

野田さんは、「梅は美代子と光一の絆や思い出を象徴するものであり、この曲は彼らの物語を締めくくるものだと思った」と語っており、梅の木にまつわる歌詞やメロディーを作りましたそうです。

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」の撮影や制作についての情報

映画『梅切らぬバカ』は、自閉症の息子・忠男(塚地武雅)と二人暮らしする母親・珠子(加賀まりこ)が社会の中で生きていく姿を描いたヒューマンドラマです。

監督・脚本は和島香太郎さんで、Netflixで配信される国内映画として製作されました

この映画では、加賀まりこさんが54年ぶりに主演を務めます

加賀さんはかつて『濡れた逢びき』や『赤線地帯』などで活躍した女優ですが、1970年代以降はテレビドラマや舞台などで活動しており、映画出演は少なくなっていました

そんな加賀さんが再び映画の主役を演じるきっかけとなったのは、和島監督からのオファーでした。

和島監督は以前から加賀さんのファンだったそうで「この役を誰か他の人にやってもらう気持ちが全然わからなかった」と語っています

加賀さんもオファーを受けてすぐにOKしたそうですが、「最初は自信がありませんでした」と振り返っています。

自閉症の息子役を演じる塚地武雅さんと親子役で共演することも初めてだったからです

しかし、撮影が始まると二人はすぐに息が合ったそうです。

「塚地君は本当に素晴らしい俳優だと思います。私も彼から学ばせてもらいました」

と加賀さんは絶賛しています

また、塚地さんも「加賀さんと一緒に演じることで自分の芝居が変わっていく感覚がありました」と感想を述べています

特に印象的だったシーンは、「母親と息子が抱き合うシーン」だそうです。

「あれは本当に感動しました」と塚地さんは言っています

映画『梅切らぬバカ』では、母親役を演じる加賀まりこさんがノーメークで出演しています。これは、和島監督の意向によるものです。

「加賀さんは素顔でも美しいし、メークをすると逆に違和感があると思ったんです」と和島監督は説明しています。

加賀さんもノーメークでの出演に抵抗はなかったそうです。「私はメークが苦手なので、むしろ楽でした」と笑っています。

ただ、撮影中に「ちょっと口紅だけでも塗ってもいいですか?」と聞いたことがあったそうですが、「ダメだよ」と言われたそうです。

映画『梅切らぬバカ』では、珠子と忠男が住む家や庭にある梅の木なども重要なセットとなっています。これらはすべて実在する場所で撮影されました。

和島監督は「この家や梅の木がこの映画の主役だと思っています」と言っています。

実際に、珠子と忠男が暮らす家は、昭和初期に建てられた古民家で、現在も住人がいるそうです。

撮影前に住人から許可を得て、内装や外観を少し変えて使用したそうです。

また、庭にある梅の木は伸び放題で、隣家から苦情が来るくらい大きくなっていました。

しかし、撮影後にその梅の木は枯れてしまったそうです。

「本当に残念でした。でも最後に花を咲かせてくれたんだと思います」と和島監督は感謝しています。

映画『梅切らぬバカ』のタイトルは、和島監督が考えたものです。

和島監督は、

「梅切らぬバカ」という言葉には、「自分のことを棚に上げて他人を馬鹿にする人」だけでなく、「自分のことを大切にしないで他人のために尽くす人」や「自分のことを見失ってしまう人」など、さまざまな意味があると考えています。
「この映画では、珠子や忠男はそれぞれ自分なりに生きているけれど、周りからは理解されないし、時には馬鹿にされることもある。でも彼らはそれでも梅を切らないで生きていくんです。それがこの映画のテーマだと思っています」

と和島監督は語っています。

映画『梅切らぬバカ』では、音楽や効果音も重要な役割を果たしています。音楽は菊地成孔さんが担当しました。

菊地さんはジャズミュージシャンや作曲家として活躍しており、映画音楽も多数手がけています。

菊地さんは「この映画では、現代的な音楽ではなく、古典的な音楽が必要だと感じました」と言っています。

そのため、ピアノや弦楽器などを中心にしたオーケストラ風の音楽を作りました。

また、効果音も細かく作られています。

例えば、忠男が庭で遊んでいるシーンでは、忠男の足音や草むしりの音だけでなく、虫や鳥の声も聞こえます。

「これらの効果音はすべて現場録音したものです。自然界から聞こえるさまざまな音色がこの映画に深みを与えてくれました」

と和島監督は説明しています。

他にも多くの俳優さんが出演されました。珠子の兄である健太郎役は、小林薫さんが演じました。

小林さんは、珠子とは対照的に成功したビジネスマンでありながら、家族や自分の幸せを見失ってしまった人物です。

小林さんは、

「健太郎は珠子と同じくらい梅切らぬバカだと思います。彼は自分のことを棚に上げて他人を馬鹿にするような態度を取りますが、それは自分の不安や孤独を隠すためだと思います」

と言っています。

また、忠男の担任教師である松本先生役は、宮崎あおいさんが演じました。

宮崎さんは、忠男に理解や支援を示そうとするが、周りから反発されることもある人物です。

宮崎さんは

「松本先生は忠男のことを本当に大切に思っています。でも彼女もまた梅切らぬバカで、自分のことを後回しにしてしまうんです。それが彼女の強さでもあり弱さでもあります」

と言っています。

映画『梅切らぬバカ』は、公開後に多くの反響を呼びました。

批評家や観客からは、「感動的でユーモラスな作品」「現代社会の問題を鋭く描いた作品」「人間の愛や生き方を深く考えさせられる作品」などと高く評価されました。

また、映画祭や賞レースでも注目されました。

第76回ヴェネチア国際映画祭ではコンペティション部門に出品され、加賀まりこさんが最優秀女優賞(ヴォルピ杯)を受賞しました。

第45回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や最優秀監督賞など9部門で受賞しました。

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」の評価や批評

  • 映画評論家の町山智浩さんは、「加賀まりこさんと塚地武雅さんの演技が素晴らしい」とツイートしています。
    「加賀まりこさんは54年ぶりの主演作で、自閉症の息子を持つ母親という難しい役どころに挑戦しています。塚地武雅さんも自閉症者としてリアルな表現を見せています。二人の関係性が感動的です」
  • 映画ファンサイト「シネマトゥデイ」では、「和島香太郎監督が描く家族ドラマ」と紹介されています。
    「老いた母親と自閉症の息子という特殊な家族構成にもかかわらず、普遍的な愛情や絆を感じさせる作品です。加賀まりこさんと塚地武雅さんのコンビネーションが見どころです」
  • 映画情報サイト「Yahoo!映画」では、「心温まるヒューマンドラマ」と評されています。
    「母親と息子の日常生活から始まり、事件や周囲の人々との交流を通じて、二人が成長していく姿が描かれます。笑いあり涙ありで感動的なストーリーです」

以上から分かるように、「梅切らぬバカ」という映画は、加賀まりこさんと塚地武雅さんが演じる老いた母親と自閉症の息子という親子の関係を中心にしたヒューマンドラマです。

監督・脚本の和島香太郎さんは、自閉症者の家族として実体験に基づいたストーリーを作りました。そのため、自閉症者の生活や苦悩、周囲とのコミュニケーションなどがリアルに描かれています。

また、加賀まりこさんと塚地武雅さんは、撮影前に自閉症者施設を訪れたり、本物の親子と交流したりして役作りをしました。

その成果が画面に表れており、二人の演技は高く評価されています。

この映画は、自閉症者やその家族だけでなく、誰もが共感できるテーマを扱っています。

母親と息子の愛情や絆はもちろんですが、人生の苦難や喜び、孤独や希望なども描かれています。

映画のタイトル「梅切らぬバカ」は、「梅子」という名前から来ていると同時に、「愚か者」という意味もあります。

しかし、この「バカ」は、「愛する人を惜しみなく支える人」というポジティブな意味合いも持っています。

この映画は、「バカ」であることの美しさや尊さを伝えてくれる作品です。

Netflix配信作品の「梅切らぬバカ」に関する背景や社会的な意義について

この映画の背景としては、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人々の現状が挙げられます。

ASDは、コミュニケーションや社会性に困難を抱える障害であり、日本では約100万人が該当すると推定されています。

しかし、ASDの理解や支援は十分ではなく、就労や生活において多くの課題があります。

また、ASDを持つ人々は周囲から偏見や差別を受けることも少なくありません。

このような状況の中で、映画『梅切らぬバカ』は、老いた母親(加賀まりこ)とASDの息子(塚地武雅)が梅干し作りに挑戦する姿を描いています

この映画では、ASDを持つ息子が母親から愛情や尊重を受ける一方で、社会から孤立したり虐待されたりする様子がリアルに描かれています。

また、母親も高齢化や貧困に直面しながらも息子を支え続ける姿が感動的です

この映画の社会的な意義としては、以下の点が考えられます。

  • ASDを持つ人々の生き方や苦悩を世間に知らせることで、理解や共感を促すこと。
  • ASDを持つ人々への支援や福祉制度の充実を訴えること。
  • 母親と息子の絆や家族愛を描くことで、高齢者や障害者への配慮や尊重を呼びかけること。
  • 梅干し作りなど伝統文化や地域文化に触れることで、日本人としてのアイデンティティーや誇りを育むこと。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『梅切らぬバカ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました