新サイトはこちら

「嘘喰い」はNetflixでしか観られない傑作サスペンス!感想レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は嘘喰いを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「嘘喰い」のストーリー紹介

映画『嘘喰い』は、ヤングジャンプで連載され、累計800万部を突破した人気コミックの実写化作品です。

闇の世界に生きる凄腕ギャンブラー・斑目貘(横浜流星)が、相手の嘘を見抜き、命を賭けた勝負に挑んでいく姿を描いています。

物語は3年前から始まります。

斑目は、「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラーとして、闇組織「賭郎」の頭首・御屋形様こと切間創一(櫻井海音)に勝負を挑みます。

切間は、「賭郎」のメンバーに対して、「死神」と呼ばれるほどの恐怖政治を敷いており、勝負に敗れた者は容赦なく殺されます。

斑目は切間と対決するために、「賭郎」の幹部・鳥羽(中村倫也)や「賭郎」の元メンバー・鬼頭(小関裕太)らと協力します。

斑目と切間の勝負は、「カードゲーム」「サイコロ」「ルーレット」「ビリヤード」など様々なゲームで行われますが、すべて切間が有利なルールや仕掛けを用意しています

しかし斑目は、その仕掛けを見破り、また相手の心理や動きから嘘を読み取り、次々と勝利していきます。

一方で切間も斑目の弱点や過去を探ろうとしますが、斑目は自分自身にも嘘をつくことができるためそれも阻止します

最後の勝負は、「ロシアンルーレット」という命がけのゲームです

「ロシアンルーレット」では6発入った拳銃から1発だけ弾丸を抜き取りますが、その弾丸がどこにあるか分からない状態で自分か相手か選んで引き金を引くというものです

このゲームでは運だけではなく心理戦も重要ですが、斑目は切間よりも先に引き金を引くことで圧倒的な自信と冷静さを見せます。

そして最後まで残った弾丸がどこにあるか正確に予測し、切間に引き金を引かせることで勝利します

映画『嘘喰い』は、人間の本性や欲望や嘘や真実など深層心理的なテーマを扱っており、観客をスリルとサスペンスに満ちたギャンブルの世界に引き込んでいきます。

横浜流星は、斑目貘という複雑で魅力的なキャラクターを見事に演じており、その表情や仕草や声から嘘を見破る能力や冷徹さや孤独さなどを感じさせます。

また櫻井海音は、切間創一という斑目の最大の敵役を熱演しており、その圧倒的な存在感やカリスマ性や残忍さなどを表現しています。

他の出演者もそれぞれ個性的で魅力的な役柄を演じており、映画全体の迫力と臨場感を高めています 。

映画『嘘喰い』は、原作コミックのファンはもちろん、ギャンブルや心理戦が好きな人にもおすすめの作品です。

嘘と真実が入り混じる闇の世界で繰り広げられる命懸けの勝負に目が離せません。

Netflix配信作品の「嘘喰い」の感想/レビュー紹介

迫稔雄の人気漫画を中田秀夫監督が映画化した「嘘喰い」は、嘘を見破れなければ即死の騙し合いゲームに挑む天才ギャンブラー斑目貘(横浜流星)の物語です。

Netflixで配信されているこの作品は、原作ファンはもちろん、サスペンスやアクションが好きな人にもおすすめしたい一本です。

まず、映画の見どころとして挙げられるのは、横浜流星の圧倒的な存在感である。

彼は斑目貘という複雑なキャラクターを見事に演じ切っています。

斑目貘は嘘喰いと呼ばれる謎の天才ギャンブラーであり、人間性や感情が希薄なように見えるが、実は正義感や友情に厚い一面も持っています。

横浜流星はこのような二面性を表現するために、表情や声色を巧みに使い分けています。

特に嘘喰いモードに入った時の冷徹な眼差しや鋭い言動は圧巻でした。

次に、映画の見どころとして挙げられるのは、騙し合いゲームの展開です。

映画では原作から数々のゲームが選抜されており、それぞれが緊張感や興奮を誘うものでした。

例えば、「カード・オブ・デス」というゲームでは、カードを引く度に死亡率が上がっていくという恐怖心を煽られました。

「ハイアンドロー」というゲームでは、相手の心理戦や罠にかかりそうになったり逆転したりするドキドキ感を味わいました。

「ロシアンルーレット」というゲームでは、命懸けで勝負する姿勢や覚悟を感じ取りました。

これらのゲームでは斑目貘がどう嘘を見破り勝利するかという点が重要だが、それだけではなく他の登場人物もそれぞれ個性的で魅力的でした。

最後に、映画の見どころとして挙げられるのは、中田秀夫監督ならではの演出です。

中田監督は「リング」「ダークウォーター」などホラー映画で有名だが、「嘘喰い」でもその手腕を発揮して中田監督は「リング」や「ダークウォーター」などホラー映画で有名だが、「嘘喰い」でもその手腕を発揮しています。

特に、ゲームの臨場感や緊迫感を高めるために、カメラワークや音響効果を効果的に使っています

例えば、カード・オブ・デスでは、カードを引く瞬間にズームインしたり、死亡率の数字が大きく表示されたりすることで恐怖心を強調しています。

また、ロシアンルーレットでは、銃声や血飛沫の音がリアルに聞こえるようにしています。

これらの演出は視聴者の感情を揺さぶり、映画の世界に引き込んでくれます。

この映画は嘘と真実の境界線が曖昧な世界で生きる人々の姿を描いており、観終わった後も考えさせられる作品だと思います。

横浜流星はもちろん、他のキャスト陣も素晴らしい演技を見せてくれており、中田監督の巧みな演出も見逃せません。

Netflix配信作品の「嘘喰い」のキャストやスタッフの紹介

まず、主演の横浜流星さんは、斑目貘という嘘を見破る能力を持つ天才詐欺師役を演じています。

横浜さんは、「チア☆ダン」「恋はつづくよどこまでも」「恋空」などのテレビドラマや、「ちはやふる」「キングダム」「るろうに剣心」などの映画で活躍している若手俳優です。

この役に挑むにあたって、横浜さんは原作を読み込んだり、カードマジックやトリックアートなどの特訓をしたりして、斑目貘の魅力や謎めいた雰囲気を表現しました

次に、斑目貘の相棒でありライバルでもあるお屋形様という謎多き男役を演じた佐野勇斗さんです。

佐野さんは、「仮面ライダー鎧武/ガイム」「HiGH&LOW THE WORST」「今際の国のアリス」などで注目されている俳優です。

お屋形様は、斑目貘と同じく嘘喰いと呼ばれる存在であり、自分が最強だと思っています。

佐野さんは、お屋形様のプライドや執念、そして孤独さや寂しさも感じさせる演技で観客を惹きつけました。

そして、斑目貘が想いを寄せる幼馴染・桃井美沙子役に白石麻衣さんが抜擢されました。

白石さんは元乃木坂46メンバーであり、「あさひなぐ」「劇場版 ほんとうにあった怖い話2019」などで女優デビューしています。

「嘘喰い」では初めてメインヒロイン役に挑戦しました。

桃井美沙子は斑目貘が唯一心を開く相手であり、彼女もまた優秀な詐欺師です。

白石さんは桃井美沙子の可愛らしさや芯の強さだけでなく、斑目貘への深い愛情も感じさせる演技で観客から好評を得ました他にも、斑目貘やお屋形様と対決する強敵たちを演じた豪華なキャストが揃っています。

例えば、斑目貘の師匠であり、嘘喰いの頂点に君臨する王と呼ばれる男・麒麟役には本郷奏多さんが扮しました。

本郷さんは、「仮面ライダー電王」「GANTZ」「東京リベンジャーズ」などで知られる実力派俳優です。麒麟は斑目貘やお屋形様を超える嘘喰いであり、冷徹で残忍な性格です。

本郷さんは麒麟の圧倒的な存在感やカリスマ性を見事に演じ切りました。

また、斑目貘の仲間であり、天才ハッカーとして活躍するキムラ役には森崎ウィンさんがキャスティングされました。

森崎さんは、「ウォーターボーイズ」「クローズZERO」「HiGH&LOW」などで人気を博している俳優です。

キムラは斑目貘のサポート役として重要な役割を果たしますが、同時に自分の過去や秘密も抱えています。

森崎さんはキムラの明るさや友情だけでなく、複雑な心情も表現しました。

そのほかにも、斑目貘とお屋形様が戦う舞台となる航空機制圧バトルでは、「仮面ライダーW」の桐山漣さんや「仮面ライダーゼロワン」の井桁弘恵さん、「仮面ライダービルド」の小野田龍之介さん、「仮面ライダーエグゼイド」の飯島寛騎さん、「仮面ライダードライブ」の竹内涼真さんといった元仮面ライダー俳優たちが出演しました。

この映画の監督は、佐藤祐市さんです。

佐藤監督は、「デスノート」「GANTZ」「亜人」などで知られる映画監督です。

「嘘喰い」では原作ファンだけでなく一般観客も楽しめるように、原作からアレコレ変更したり追加したりしています。

佐藤監督は「原作ファンからすれば『これじゃねえ』って思われるかもしれませんが(笑)、それでも僕らが作った『嘘喰い』を楽しんでもらえたら幸いです」とコメントしています。

Netflix配信作品の「嘘喰い」の撮影や制作についての情報

「嘘喰い」とは、原作漫画が累計発行部数3000万部を突破した人気作品です。

この作品は、「嘘を見破れなければ即死」という騙し合いゲームに挑む天才ギャンブラー・斑目貘と、彼が潜入した秘密結社「賭郎」のメンバーたちとの対決を描いたサスペンス・アクションです。

2022年2月18日に公開された映画版は、原作ファンだけでなく、一般観客からも高い評価を得ています。

Netflixでは、映画版のほかにも、ドラマ版やスピンオフ版も配信されており、多くの人が楽しめるコンテンツとなっています。

今回は、そんな「嘘喰い」の撮影や制作について、メイキング映像やインタビューなどから得られた情報をもとに紹介します。

この映画は、原作の魅力を最大限に活かしつつも、映像化することで新たな魅力を生み出した作品です。その裏側には、キャストやスタッフの熱意や工夫がありました。

どのような撮影や制作が行われたのか、詳しく見ていきましょう。

まず、「嘘喰い」の撮影や制作において最も重要な要素は、ゲームです。この映画では、原作に登場するさまざまなゲームが実際に再現されました。

その中でも特に印象的なのが、オープニングシーンで描かれる「航空機制圧バトル」です。

このゲームは、「賭郎」のメンバーたちが乗った飛行機内で行われるもので、斑目貘と敵対する目蒲が仕掛けた爆弾を解除するために必要な暗証番号を当てるというものです。

暗証番号は4桁であり、1回間違えるごとに飛行機が急降下します。

4回間かえると、飛行機は墜落します。

このゲームは、斑目貘の冷静な推理と目蒲の狂気的な挑発が交錯するスリリングな展開です。

このゲームを映像化するためには、実際に飛行機を使った空撮が必要でした。しかし、これは非常に困難なことでした。

なぜなら、飛行機は高価であり、急降下や旋回などの危険な動きをさせることは許可されないからです。

そこで、スタッフは、特殊なカメラやドローンを使って、飛行機の動きを再現しました。

また、飛行機内のシーンは、セットを作って撮影しました。

セットは、実際の飛行機と同じ大きさや形であり、揺れや傾きも再現できるように工夫されていました。このようにして、迫力ある映像が作られました。

もう一つの見どころとして挙げられるゲームは、「ハングマン」です。このゲームは、斑目貘と新参の賭郎会員でマッド・サイエンティストの佐田国一輝が対決するもので、英単語を当てるというシンプルなルールです。

しかし、間違えるごとに相手の首に電流が流れます。

さらに、相手が死ぬ前に正解しなければ自分も死ぬというルールが加わります。

このゲームは、斑目貘と佐田の知性と度胸が試される心理戦です。

このゲームを映像化するためには、キャストの演技が重要でした。

横浜流星と三浦翔平は、それぞれ斑目貘と佐田の役柄に徹底的に入り込みました。

横浜流星は、斑目貘の冷徹で鋭い眼差しや口調を表現するために、原作を何度も読み返しました。

また、英単語を当てるシーンでは、本当に考えているように見せるために、事前に勉強しました。

三浦翔平は、佐田の狂気的で狡猾な性格を表現するために、自分の感情をコントロールすることに集中しました。

また、電流が流れるシーンでは、本当に痛みを感じているように見せるために、体を震わせたり声を上げたりしました。

このようにして、二人は息の合った演技を見せました。

「嘘喰い」の撮影や制作について紹介しました。

この映画は、原作の世界観やキャラクターを忠実に再現しつつも、映像化することで新たな魅力を生み出した作品です。

その裏側には、キャストやスタッフの熱意や工夫がありました。

Netflix配信作品の「嘘喰い」の評価や批評

「嘘喰い」とは、「ヤングジャンプ」で連載された迫稔雄・原作のギャンブル漫画で、嘘を見破れなければ即死という史上最恐の騙し合いゲームを描いた作品です。

横浜流星は、この作品で銀髪&白スーツのミステリアスな天才ギャンブラー・宇佐美道彦を演じています

この映画の撮影や制作について、以下のような情報があります。

  • 映画は2022年2月に全国公開されましたが、撮影は2020年12月から2021年1月にかけて行われました。撮影はコロナ禍の中で厳しい感染対策をしながら進められました。
  • 横浜流星は、原作ファンからも期待される役柄に挑戦するにあたり、銀髪に染めたり、白スーツを着たりするだけでなく、宇佐美の心理や動機を深く掘り下げて演技に臨みました。また、宇佐美の特徴的な笑顔や目つきも研究して再現しました。
  • 映画では、原作の中でも人気の高い「カイジ編」をメインに据えています。
    カイジは、宇佐美と対決するギャンブラーで、本郷奏多が演じています。
    カイジと宇佐美の駆け引きや心理戦は、映画の見どころの一つです。
  • 映画では、原作にはないオリジナルのエピソードやキャラクターも登場します。
    例えば、宇佐美の幼馴染であるヒロイン・桜井真琴は、白石麻衣が演じていますが、原作では名前しか出てきません。また、宇佐美の過去や家族に関するシーンも追加されています。
  • 映画では、原作のギャンブルゲームを忠実に再現するために、多くの小道具やセットが用意されました。
    例えば、「嘘喰い」の代名詞とも言える「人間将棋」では、巨大な将棋盤や駒が製作されました。

    また、「カイジ編」では、「限定ジャンケン」「地下鉄サバイバルレース」「エレクトリックビリヤード」などのゲームが映像化されました。
  • 映画では、原作のダイナミックなアクションシーンも見どころの一つです。
    横浜流星は、宇佐美の身体能力や反射神経を表現するために、スタントなしで自らアクションに挑戦しました。例えば、「地下鉄サバイバルレース」では、実際に走ったり飛んだりしたそうです。
  • 映画では、原作の世界観や雰囲気を再現するために、音楽や照明などの演出にもこだわりがあります。
    音楽は、映画『カイジ』シリーズやドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などで知られる音楽家・羽深由理が担当しました。
    照明は、映画『リング』シリーズや『らせん』などで知られる中田秀夫監督の信頼厚い照明技師・小川真司が担当しました。

Netflix配信作品の「嘘喰い」に関する背景や社会的な意義についての考察

この映画の背景や社会的な意義について考察してみましょう。
まず、この映画は、日本のギャンブル文化や社会に対する批判的な視点を持っています。

日本ではパチンコや競馬などの合法的なギャンブルが広く普及しており、多くの人がギャンブル依存症に陥っています。

また、暴力団や裏社会と結びついた違法なギャンブルも横行しており、社会問題となっています。

この映画では、そうしたギャンブルの裏側にある欲望や嘘や裏切りや暴力を描き出しており、観客にギャンブルの危険性や犯罪性を問いかけています。

次に、この映画は、人間の心理や感情に関する深い洞察力を持っています。

主人公の斑目貘は、嘘を見破る能力を持っていますが、それは彼が人間の心理や感情を読み取ることができるからです。

彼は、相手の表情や声やしぐさや言葉から、相手が何を考えているか、何を感じているか、何を隠しているかを見抜くことができます。

しかし、彼自身は感情を表に出さずに冷静に振る舞うことで、自分の嘘を隠します。

この映画では、人間の心理や感情がどのように嘘と真実を生み出すか、どのように騙し合いゲームに影響するかを描き出しており、観客に人間性や倫理性を問いかけています。

最後に、この映画は、日本の若手俳優たちの演技力や魅力を発揮させています。

主演の横浜流星は、斑目貘という難しい役柄に挑戦しました。

彼は、斑目貘の冷徹さと孤独さと葛藤と成長を見事に表現しました。

また、佐野勇斗や白石麻衣や本郷奏多などの若手俳優たちも、それぞれ個性的なキャラクターを演じました。

彼らは、中田秀夫監督の指彼らは、中田秀夫監督の指導のもとで、ギャンブルシーンやアクションシーンや感情シーンなどを迫力ある演技でこなしました。

この映画では、日本の若手俳優たちの才能や可能性を見せており、観客に新しい映画体験を提供しています。

以上が、映画『嘘喰い』の背景や社会的な意義に関する考察です。

この映画は、ギャンブルや人間や俳優という三つのテーマを絡めて、スリリングで深い物語を展開しています。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『嘘喰い』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました