新サイトはこちら

映画「ヴィレッジ」横浜流星主演のヒューマンサスペンス の視聴レビュー

国内映画「ヴィレッジ」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の「映画 ヴィレッジ」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画のヴィレッジを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 【映画】ヴィレッジ 日本国劇場予告

国内映画「ヴィレッジ」のストーリー紹介

美しい自然に囲まれた霞門村(かもんむら)に暮らす片山優(横浜流星)は、村の伝統として受け継がれてきた神秘的な薪能に魅せられ、能教室に通っていました。

しかし、村にゴミの最終処分場が建設されることになり、その建設をめぐるある事件によって、優の人生は大きく狂っていきます。

母親が抱えた借金の返済のため処理施設で働くことになった優は、仲間内からいじめの標的となり、孤独に耐えながら希望のない毎日を送りますが、そんな優の日常が、幼なじみの美咲(黒木華)が東京から戻ったことをきっかけに大きく動き出します。

美咲は、東京で芸能活動をしていたが、スキャンダルに巻き込まれて引退し、故郷に帰ってきました。

美咲は優に対して昔から想いを寄せており、優も美咲に心を開き始め、二人は再び薪能に触れることで、互いの絆を深めていく。

しかし、優と美咲の仲を快く思わない者たちが暗躍し、二人は再び苦難に直面します。

処理施設で起きた不可解な事故や死亡事件、村の長老である大橋修作(古田新太)や能楽師の大橋光吉(中村獅童)が隠している秘密、そして優の父親が残した遺言とは何なのでしょうか。

優と美咲は、村の闇に立ち向かうことができるのか。そして、二人は本当の幸せを掴むことができるのか。

藤井道人監督が描くヒューマンサスペンス映画『ヴィレッジ』は、閉鎖的な村で繰り広げられる若者たちの過酷な運命と愛を描く衝撃作です。

国内映画「ヴィレッジ」の感想/レビュー紹介

「ヴィレッジ」とは、藤井道人監督・脚本によるヒューマンサスペンス映画で、美しい自然の裏に潜む現代社会が抱える闇を描いています。

ある村を舞台に、一人の男の変化と、社会構造の歪みを浮き彫りにした作品です。

主演は、「チア男子!!」「恋はつづくよどこまでも」などで人気の横浜流星さん。彼が演じるのは、村で暮らす青年・翔太です。

翔太は、村の伝統やルールに縛られない自由な性格で、村外からやってきた女性・美咲(山本舞香)に惹かれていきます。

しかし、その恋は村の掟に反するものでした。

一方、翔太の幼なじみであるノア(中川大志)は、精神的に不安定な状態で、翔太や美咲に対して複雑な感情を抱いています。

ノアは、村長(佐野史郎)の息子であり、村の将来を担う存在として育てられましたが、その重圧に耐えられずにいました。

そんな中、村では次々と不可解な事件が起こり始めます。

村人たちは、森に住むという怪物・赤い者の仕業だと考えますが、その正体は一体何なのでしょうか?そして、翔太と美咲の恋の行方は?ノアの運命は?村に隠されている秘密とは?

「ヴィレッジ」は、見どころ満載の映画です。

まず、横浜流星さんの演技が素晴らしく、翔太というキャラクターは、明るくて優しくてカッコいい一面もありますが、時に弱さや苦しみも見せます。

そのギャップに心を揺さぶられますし、特に、ラストシーンでは涙なしには見られません。

また、山本舞香さんや中川大志さんも好演しています。

山本舞香さんは、美咲というキャラクターに芯の強さと可憐さを見事に表現しています。

中川大志さんは、ノアというキャラクターに狂気と哀しみを感じさせる演技をしています。

二人と横浜流星さんとの掛け合いが見もので、さらに、映画の舞台となる村の風景も美しく、映像美にも注目です。

村は、四季折々の自然に囲まれており、まるで絵画のようですが、その裏には暗い影が潜んでいます。そのコントラストが、映画の雰囲気を高めています。

そして、衝撃的な真実が明らかになりますが、その真実は、観客の想像を超えるものでした。

私は、最後まで目が離せませんでした!おすすめの映画です。

国内映画「ヴィレッジ」のキャストやスタッフの紹介

映画『ヴィレッジ』は、横浜流星が主演を務めるヒューマンサスペンス作品です。

監督は、『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』などで高い評価を得ている藤井道人です。

藤井監督のオリジナル脚本を映画化した本作は、美しい集落・霞門村(かもんむら)に暮らす青年・片山優(横浜流星)の過酷な運命を描きます。

優は、村の伝統として受け継がれてきた神秘的な薪能に魅せられ、能教室に通っています。

しかし、村にゴミの最終処分場が建設されることになり、その建設をめぐるある事件によって、優の人生は大きく狂っていきます。

母親が抱えた借金の返済のため処理施設で働くことになった優は、仲間内からいじめの標的となり、孤独に耐えながら希望のない毎日を送ります。

そんな優の日常が、幼なじみの美咲(黒木華)が東京から戻ったことをきっかけに大きく動き出します。

本作で横浜流星は、藤井道人監督と5度目のタッグを組みます。

これまでにも『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』などで共演してきた二人ですが、本作では横浜流星がこれまでに見せたことのない姿を披露します。

藤井監督は、「横浜流星は自分の中で一番信頼できる俳優です」と語ります。

また、「彼は自分自身を捨てて役に入り込むことができる稀有な俳優です。彼の演技力はまだまだ伸びると思います」と絶賛します。

一方、横浜流星も藤井監督に対して、「僕は藤井監督から多くのことを学びました。彼は僕にとって師匠であり、兄貴であり、友達でもあります」と感謝の言葉を述べます。

また、「彼は僕に常に挑戦させてくれます。彼の作品に出演することは僕にとって最高の喜びです」と語ります。

本作では、横浜流星以外にも豪華なキャストが集結しています。

幼なじみの美咲役を演じる黒木華は、「この作品は人間の深層心理を演じる黒木華は、横浜流星とは初共演ですが、すぐに息が合ったといいます。黒木は、「横浜くんはとても素直で、感情を表現するのが上手です。彼の演技に引っ張られて、私も自然に反応できました」と語ります。

また「彼は自分の役に対してとても真摯で、常に考えている姿勢が素晴らしいと思いました。」と感心します。

優の父親役を演じる古田新太は、横浜流星とは『ヤクザと家族 The Family』でも親子役で共演しています。

古田は、「横浜くんは本当に才能のある俳優です。彼は自分の役に完全に没入して、その場の空気感を作り出します。彼と一緒に演じることで、私も刺激を受けました」と絶賛します。

また、「彼は藤井監督との相性が抜群です。二人の信頼関係が作品にも反映されています」と話します。

優の能教室の師匠役を演じる中村獅童は、横浜流星とは初共演ですが、能楽の指導も行いました。

中村は、「横浜くんは能楽に対しても真剣に取り組んでいました。彼は能楽の難しさや美しさを理解して、自分なりに表現しようとしていました」と評価します。

また、「彼は藤井監督から厳しい指導を受けていましたが、それに耐えて成長していました。彼の姿勢に感動しました」と語ります。

本作では、横浜流星が能楽を披露するシーンもあります。

横浜流星は、「能楽は初めてでしたが、中村さんや塩津さんから教えていただきました。能楽は日本の伝統芸能で、奥深くて難しいですが、美しい芸術だと思いました」と感想を述べます。

また、「能楽は優の心の支えでもあります。優が能楽を通して何を感じているのかを伝えられるように努力しました」と話します。

映画『ヴィレッジ』は、横浜流星がこれまでに見せたことのない姿を見せる衝撃作です。

藤井道人監督のオリジナル脚本によって描かれる閉鎖的な村で繰り広げられる人間ドラマに引き込まれます。

豪華なキャスト陣と共に、横浜流星が魂を込めた演技を見逃すことはできません。

国内映画「ヴィレッジ」のメイキング

横浜流星が主演を務めるNetflix配信作品の国内映画「ヴィレッジ」は、京都で1ヶ月に及ぶオールロケを敢行したサスペンス・エンタテインメント作品です。

藤井道人監督と故河村光庸プロデューサーの遺志を受け継いだ製作チームが、現代日本が抱える闇をあぶり出す物語を描きます。

この記事では、そのメイキングについてご紹介します。

「ヴィレッジ」の舞台となったのは、京都府にある「美山かやぶきの里」です。

美しい自然の中に数多くのかやぶき民家が現存し、季節によっては実際に薪能のイベントが開かれるなど、観光地としても人気がある集落です。

しかし、その裏にはゴミ処理場がそびえ立ち、村人たちは能面をかぶって奇妙な儀式を行うという、不気味な一面があります。

そこで暮らす主人公・片山優(横浜流星)は、父が起こした事件の汚名を背負いながら、小さい村で希望のない日々を送っています。

そんな彼の人生が、幼なじみの中井美咲(黒木華)が東京から戻ってきたことをきっかけに大きく動き出します。

横浜流星は、藤井道人監督と2度目のタッグを組んだ本作で、自分とこの世界をつなぐ唯一の希望を守るためダークサイドに転じる青年・優を演じました。

役作りのためにロケハンにも同行し、藤井監督から脚本執筆中から意見を求められたという横浜は、「優は藤井道人と横浜流星の分身にしたい」と言われたことに感動したそうです。

自分の要素が濃く入っていたからこそ優として生きやすかったと語る横浜は、優の髪型についても藤井監督のヘアスタイルを真似てみたというエピソードを披露しました。

一方、藤井道人監督は、「優という人物には流星自身が俳優として感じている迷いや怖れも反映されています」とコメントしました。

「今は祭り上げるだけ祭り上げられて、何か一つ間違えると、積み上げてきたものを、いかに負わせるか、僕と流星がたくさん時間をかけて話し合った結果、優が生まれたと思います」と胸の内を明かしました。

藤井道人監督は、主人公の優だけでなく、主な登場人物は一人ずつキャラクターシートを作成しました。

映画では描かれないが、子供時代の様子や趣味、好きな音楽、家族構成や密かに抱えるコンプレックスなど、緻密にキャラクターを作り込み、俳優陣にそのシートを配布したそうです。

優の幼なじみの美咲のシートには、「辛いことがあっても笑ってその場をやり過ごそうとする一面がある」と書かれており、

美咲役を演じた黒木華は「美咲は東京で失敗して、傷ついて帰ってきましたが、弱さをあまり見せないんです。村に自分の居場所を見つけられずに出て行ったものの、東京でも見つけられなくて、今度は何としてでも村でそれを見つけなければならないという思いがある。その加減をどこまで出すのか、出さないのか、監督と相談しながら作っていきました」とシートを参考にしながら役作りを重ねていったことを明かしています。

「ヴィレッジ」は、美しいロケ地の風景とともに、横浜流星と藤井道人監督が最高のチームで映画を作り上げていく様子が切り取られたメイキング写真も公開されています。

幻想的な夜霧が漂う霞門村のロケ地となったのは、「美山かやぶきの里」だけでなく、京都府や兵庫県にある能舞台や橋も使用されました。

能面をかぶった村人たちが松明を持ち、列をなして歩く印象的なシーンは、美山町にかかる長除大橋が使用されたそうです。

ポスターでも使用されている能舞台は、兵庫県の平之荘神社の野外能楽堂がロケ地の1つとなっています。

国内映画「ヴィレッジ」は、4月21日から全国公開されます。

横浜流星と藤井道人監督が再タッグを組んだ渾身の1本をぜひご覧ください!

国内映画「ヴィレッジ」の評価や批評

本作は、藤井道人監督のオリジナル脚本であり、2022年6月に他界した河村光庸プロデューサーの最後のプロデュース作品でもあります。

藤井監督は、「新聞記者」「余命10年」などで社会問題や人間ドラマを鋭く描いてきた実力派ですが、本作ではさらに深く切り込んでいます。

ゴミ処分場という現代社会の象徴と、薪能という伝統文化という対比から、人間の欲望や罪悪感、愛憎や復讐などを描き出しています。

また、本作は横浜流星さんの代表作とも言えるほどの熱演が見どころです。

優という役柄は、非常に複雑で重苦しい感情を抱えており、それを表情や仕草で見事に表現しています。特に後半の展開では、衝撃的なシーンもありますが、横浜さんはそれにも臆せず挑んでいます。

横浜さんは、藤井監督との6度目の共演であり、信頼関係が築かれていることもあって、役に没入している様子が伝わってきます。

また、黒木華さんとの共演も見逃せません。

美咲という役柄は、優にとって唯一の心の支えであり、幼い頃から想いを寄せている相手です。

黒木さんは、美咲の優しさや強さを演じ分けており、優との関係性も感動的に描かれています。

本作は、観る者に容赦ない刺激と余韻を与える作品です。

閉鎖的な村で起こる不幸な出来事の連鎖は、現実にも起こり得ることであり、それがより恐ろしさを増しています。

しかし、その中でも優や美咲は、自分たちの信念や愛情を貫こうとします。

その姿は、どこか希望を感じさせてくれます。本作は、現代社会に生きる私たちに問いかけるメッセージ性の高い作品です。

国内映画「ヴィレッジ」の見どころ

見どころがたくさんありますが、私が特に感心したのは以下の3点です。

横浜流星さんの迫真の演技

横浜流星さんは、「恋つづ」「今際の国のアリス」などで人気を博している若手俳優ですが、この映画ではさらに演技力を発揮しています。

主人公の優は、希望のない日々を送りながらも、美咲や村人たちに対して優しく誠実な青年です。

しかし、次第に自分や村に関する衝撃的な事実を知り、苦悩や怒りを抱えるようになります。

藤井道人監督の巧みな脚本と演出

藤井道人監督は、社会派の作品を多く手掛けており、この映画でも現代社会の問題を切り取っています。

ゴミ処理施設の不正や村の秘密は、実際に起こり得ることであり、観客に考えさせられます。

また、村の美しい風景とゴミ処理施設の醜い姿との対比や、夜霧に包まれた不気味な雰囲気など、映像も見応えがあります。

さらに、藤井監督は、どんでん返しや意外な展開も用意しており、最後まで目が離せません。

黒木華さんや他の豪華キャストの好演

黒木華さんは、美咲というジャーナリストの役を演じています。

美咲は、東京で活躍する一方で、故郷の村に対する愛情も持っています。

しかし、村に隠された真実を知ることで、葛藤や苦悩に直面します。

黒木華さんは、その複雑な感情を見事に表現しています。

また、一ノ瀬ワタルさんや奥平大兼さんなどの若手俳優から、戸田昌宏さんや西田尚美さんなどのベテラン俳優まで、豪華なキャストが揃っています。

彼らはそれぞれに個性的な村人たちを演じており、物語に深みを与えています。

国内映画「ヴィレッジ」SNSの反応・反響

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『ヴィレッジ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました