新サイトはこちら

【完全版】Netflix国内ドラマ「罠の戦争」の見どころ・あらすじ・感想

国内ドラマ「罠の戦争」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内ドラマ「罠の戦争」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマの罠の戦争を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:草彅剛 – 怒りのボルテージが振り切れる鷲津 | 罠の戦争 | Netflix Japan

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」のストーリー

衆議院議員の犬飼孝介の第一秘書を務める鷲津亨は、ある日、息子の泰生が歩道橋から突き落とされて意識不明の重体になったという知らせを受ける。

事件の真相を探ろうとする鷲津だが、犬飼は息子の命よりも自分の政治生命を優先し、事件を隠蔽しようとする。

愛する息子への想いと、長年尽くしてきた政治家への裏切りに苦しむ鷲津は、事件の犯人と腐敗した権力者への復讐を決意する。

鷲津は総選挙に出馬し、犬飼からすべてを奪おうと画策するが、その裏には竜崎総理や鶴巻幹事長などの大物政治家たちが暗躍していた。

鷲津は彼らの罪を暴くために、秘書や記者などの協力者たちと共に、危険な戦いに挑んでいく。

果たして鷲津は復讐を果たすことができるのか?息子の泰生は目覚めるのか?

そして政治界の闇はどこまで広がっているのか?衝撃的な展開が待ち受ける「罠の戦争」は、見逃せない作品です。

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」の視聴感想/レビュー紹介

「罠の戦争」は、草彅剛さんが6年ぶりに民放ドラマで主演を務めた「戦争シリーズ」の第3弾です。

前作の「銭の戦争」「SVの戦争」に続いて、今回は「罠」をテーマにした復讐劇が展開されます。

政治家の秘書として働く鷲津亨(草彅剛)は、ある日、妻と娘を何者かに殺されてしまいます。

その犯人は、自分が仕える国会議員・虻川(本田博太郎)やその仲間たちであることを知った鷲津は、復讐のために政界の闇に挑んでいきます。

このドラマは、最初から最後までスリリングな展開で視聴者を惹きつけました。

鷲津が仕掛ける罠や、それに対抗する敵の策略が次々と明らかになり、誰が味方で誰が敵なのかわからなくなるほど複雑な人間関係が描かれます。

また、鷲津が復讐の過程で自分自身や正義というものについても揺れ動く様子も見どころです。

復讐は果たして正しいことなのか?善悪の境界線はどこにあるのか?そういった問いかけも感じさせるドラマでした。

ドラマの出演者も豪華でした。草彅剛さんはもちろん、井川遥さんや杉野遥亮さん、小澤征悦さんなど実力派俳優陣が脇を固めます。特に草彅剛さんの演技力は圧巻でした。

有能な秘書、家族想いの父親、復讐に燃える男という三面性を見事に演じ分けました。

表情や声色だけで感情を伝えるシーンも多くありましたが、それだけでも十分に引き込まれました。

また、最終回では涙なしでは見られない感動的なシーンもありました。

このドラマは、ネット上でも話題になりました。Twitterでは国内トレンド1位や世界トレンド1位にもなりました。

また、Filmarksやちゃんねるレビューなどのサイトでも多くの感想や評価が寄せられました。

ほとんどの人は、ドラマの面白さや草彅剛さんの演技力を高く評価していましたが、一部には、ドラマの展開が現実離れしているとか、草彅剛さんに役が合っていないという否定的な意見もありました。

しかし、それらの意見も少数派であり、全体的には好評だったと言えるでしょう。

私自身もこのドラマを見て、とても感動しました。草彅剛さんは私の好きな俳優さんの一人で、彼が演じる鷲津に共感したり応援したりしました。

鷲津が家族を失ったシーンや、復讐に執念を燃やすシーンは胸が痛くなりました。

また、鷲津が復讐の果てに自分を見失いそうになるシーンや、最後に救われるシーンは涙が止まりませんでした。鷲津の復讐は正義なのか悪なのか、私も考えさせられました。

このドラマは、政治や社会の闇を描いたハードボイルドな作品ですが、それだけではなく、家族や友情、愛情といった人間の温かさも感じられる作品です。

鷲津を支える梨恵(井川遥)や眞人(杉野遥亮)、そして家族の想い出などが鷲津の心の支えになっています。

また、鷲津と敵対する政治家たちも、決して悪だけではなく、それぞれに理由や背景があります。

そうした登場人物たちの葛藤や成長も見応えがありました。

このドラマは、Netflixで配信されています。まだ見ていない方やもう一度見たい方はぜひチェックしてみてください。

草彅剛さんの圧倒的な演技力と、「戦争シリーズ」ならではのスリリングなストーリーが楽しめるドラマです。

私はこのドラマを見て、草彅剛さんのファンになりました。

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」のキャストやスタッフ

【キャスト】

鷲津亨(わしづ とおる)草彅剛

本作の主人公で、衆議院議員・犬飼孝介の第一秘書。
20年前に犬飼に助けられて以来、彼に尽くしてきたが、息子・泰生が歩道橋から突き落とされた事件を事故として処理するよう犬飼から迫られたことで彼を見限り、復讐を誓う。
驚異的な記憶力と政治的手腕を持ち、犬飼の失脚後は自ら衆議院議員になるが、権力に囚われて家族や仲間から離れていく。

鷲津可南子(わしづ かなこ)井川遥

亨の妻で、元NPO法人職員。
亨が犬飼に頭を下げたことに失望するが、彼が復讐のために家族に危害が及ばないよう離婚した方がいいと言ったことで彼の本心を知り、彼を支える決意をする。
かつて友人の夕実が自殺したことで罪悪感を抱いており、亨と出会ったころはそれから逃れるように結婚した。
亨が権力に捉われていく姿を見て困惑し離婚するが、旧姓の雛田に戻り、補欠選挙で衆議院議員に当選する。

鷲津泰生(わしづ たいき)杉野遥亮

亨と可南子の息子で中学生。何者かに歩道橋から突き落とされて意識不明の重体になるが、奇跡的に回復し、自分を突き落としたのが鴨井文哉であることを証言する。
権力や永田町の論理に囚われた父の姿を見て幻滅し、かっこ悪いと吐き捨てる。

犬飼孝介(いぬかい こうすけ):岸部一徳

衆議院議員で、内閣府特命担当大臣。
20年前に亨を助けて以来、彼を秘書として重用してきたが、息子・俊介が地元の建設会社から不正な金を受け取っていることを知り、それを隠蔽するために泰生を歩道橋から突き落とした鴨井文哉の罪をもみ消そうとする。失言により世論の反発を招き、幹事長の鶴巻や総理の竜崎からも冷ややかな目で見られる。亨の復讐により政治資金パーティーでスキャンダルが暴露され、逮捕される。

犬飼俊介(いぬかい しゅんすけ):玉城裕規

犬飼の息子で、大臣秘書官。父親のコネで政治家になろうとしており、地元の建設会社から不正な金を受け取っている。泰生が歩道橋から突き落とされた事件に関与していることを亨に知られ、父親と共に逮捕される。

虻川勝次(あぶかわ かつじ):飯田基祐

政策秘書。高圧的な性格で、蛯沢や蛍原にパワハラやセクハラを行っていた。亨の復讐計画に気づかず、彼に解雇される。

鶴巻憲一(つるまき けんいち):高橋克典

衆議院議員で、民政党幹事長。
犬飼の失言により彼を切り捨てようとするが、亨の復讐計画により自身もスキャンダルが暴露される。その後は竜崎総理の側近として権力を握ろうとするが、亨によってSNSでライブ配信されたスキャンダル映像により失脚する。

竜崎始(たつざき はじめ):田口浩正

衆議院議員で、内閣総理大臣。犬飼や鶴巻の失脚後は民政党内で絶対的な権力を持つが、亨によってSNSでライブ配信されたスキャンダル映像により失脚する。

鴨井ゆう子(かもい ゆうこ):片平なぎさ

衆議院議員で、厚生労働大臣。女性議員として人気が高く、竜崎総理からも信頼されている。
しかし、実は息子・文哉が泰生を歩道橋から突き落とした犯人であり、それを隠蔽するために犬飼に協力していたことが発覚する。
亨の復讐計画により自身もスキャンダルが暴露され、逮捕される。

鴨井文哉(かもい ふみや):宮澤エマ

鴨井ゆう子の息子で、大学生。泰生を歩道橋から突き落とした犯人であり、母親のコネで罪を逃れようとする。
しかし、泰生が意識を取り戻して自分を証言したことで逮捕される。

鷹野聡史(たかの さとし):小澤征悦

衆議院議員で、亨の友人。
二世議員であり、父親の跡を継いで政治家になった。
犬飼の息子・俊介が不正な金を受け取っていることを知り、亨に教える。
亨が衆議院議員になった後は、彼の秘書・貝沼を引き抜く。

熊谷由貴(くまがい ゆき):宮澤エマ

鷹野の秘書。鷹野に好意を持っており、彼のために働いている。

【スタッフ】

脚本:後藤法子

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾の脚本を担当した。政治や社会の闇に挑む主人公の姿や、家族や仲間との絆を描いた。

音楽:菅野祐悟

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾の音楽を担当した。サスペンスや感動のシーンに合わせて効果的な音楽を作り出した。

主題歌:香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」

元SMAPの香取慎吾と韓国の人気グループSEVENTEENがコラボレーションした楽曲。ドラマのテーマである「罠」と「賭け」にちなんだ歌詞やメロディが印象的である。

プロデューサー:河西秀幸

カンテレ制作部長で、「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾のプロデューサーを務めた。
草彅剛とはジャニーズ事務所退所後も信頼関係を築いており、本作でも主演に抜擢した。

演出:宝来忠昭

カンテレ制作部次長で、「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾の演出を担当した。
ドラマの世界観や登場人物の感情を的確に表現した。

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」のメイキング

主演の草彅剛さんは、このドラマについて、「戦争シリーズということで、前作と同じく社会派でありながらもエンターテインメント性が高い作品だと思います。今回は政治家という権力者に対する復讐劇なので、よりスケールが大きくなっています。主人公は家族を守るために罠を仕掛けるという役柄なので、視聴者の方々も共感して応援してくれると思います」とコメントしています。

草彅さんは、主人公・東山智之という役柄について、「東山は議員秘書という立場でありながらも、正義感が強くて情に厚い人物です。しかし、政治家によって家族を傷つけられたことで、復讐心に燃えるようになります。その過程で、自分自身も変わっていくことに気づきます。東山は普通の人間なので、罠を仕掛けることにも迷いや苦悩があります。そういう葛藤が彼の魅力でもあります」と語っています。

草彅さんは、共演者たちとの関係性についても触れています。「共演者たちはみんな素晴らしい方々でした。特に敵役として対峙する田口浩正さんや本田博太郎さんは、迫力ある演技で私も刺激を受けました。また、東山の家族や仲間として共に戦う小澤征悦さんや宮澤エマさん、坂口涼太郎さん、玉城裕規さん、白鳥晴都さん、飯田基祐さんなどは、とても仲が良くて和気あいあいとした雰囲気でした。撮影現場はいつも笑いが絶えませんでした」と笑顔で振り返っています。

共演者たちも、草彅さんに対する感想や印象を語っています。小澤征悦さんは、「草彅さんは本当に素敵な方でした。役者としても人間としても尊敬できる方です。彼の演技は細かな表情や仕草にも感情がこもっていて、見ているだけで引き込まれます。彼との共演は私にとって貴重な経験でした」と話しています。

宮澤エマさんは、「草彅さんはとても優しくて気さくな方でした。私は東山の娘・美咲という役柄だったので、父娘のシーンが多かったのですが、草彅さんは私に対しても父親のように接してくれました。彼の存在感やオーラは圧倒的ですが、同時に温かみや優しさも感じられます。彼と一緒に演じることができて幸せでした」と語っています。

坂口涼太郎さんは、「草彅さんは本当にカッコいい方でした。彼の演技は迫真で感動的です。私は東山の弟子・高木という役柄だったので、草彅さんから色々なことを教えてもらいました。彼は私に対しても兄貴分のように接してくれました。彼と一緒に働くことができて光栄でした」と述べています。

ドラマ「罠の戦争」のメイキングでは、そんなキャストたちのオフショットや撮影風景がたくさん収録されています。

ドラマ本編では見られないキャストたちの素顔や仲良しシーンを楽しむことができます。

また、キャストたちが集まって行った座談会では、ドラマの感想や見どころ、撮影中のエピソードなどを語り合っています。笑いあり涙ありのトークが繰り広げられます。

ドラマ「罠の戦争」は、Netflixで配信中です。Blu-ray&DVD BOXも2023年6月21日に発売されます。

ドラマ本編だけでなく、メイキングや特典映像もぜひご覧ください!

ドラマ「罠の戦争」の魅力を存分に味わえること間違いなしです。

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」の評価や批評

評価や批評

草彅剛さんは、国会議員の犬飼泰生(本田博太郎さん)の秘書として20年間尽くしてきた鷲津亨という役柄で、犬飼に裏切られたことをきっかけに、政界で復讐劇を繰り広げます。

このドラマは、「嘘の戦争」「利益の戦争」などの「戦争シリーズ」の最新作であり、脚本は前作同様に大石哲也さんが担当しました。

原作はありませんが、韓国ドラマ「チーフ・オブ・スタッフ」にインスパイアされたという説もあります。

このドラマは、視聴者からさまざまな感想や評判を呼びました。

一方で、「草彅剛さんの演技力がすごい」「ストーリーが面白い」「登場人物の駆け引きが見応えがある」「復讐劇が爽快だ」といった好意的な声が多く聞かれました。

特に草彅剛さんは、冷静沈着で頭脳明晰な鷲津亨という難しい役柄を見事に演じきり、視聴者を引き込みました。

一方で、「真犯人がガッカリだった」「展開が無理がある」「登場人物の感情移入ができない」「結末がつまらない」といった否定的な声も少なくありませんでした 。

特に最終回では、真犯人の正体や動機が視聴者の期待を裏切るものだったという意見が多く見られました。

このように、「罠の戦争」は賛否両論のドラマでしたが、それだけ話題性やインパクトがあったと言えるでしょう。

政治や権力というテーマに挑んだ作品として、見どころや考察ポイントも多かったです。

草彅剛さんをはじめとするキャスト陣の演技も見逃せませんでした。

Netflix配信作品の国内ドラマ「罠の戦争」に関する背景や社会的な意義

「罠の戦争」は、現代日本の政治や社会におけるさまざまな問題や矛盾を浮き彫りにしたドラマでした。

主人公・鷲津亨は、20年間忠誠を尽くしてきた国会議員・犬飼孝介に裏切られ、息子・泰生が重傷を負った事件の真相を暴くために、犬飼やその仲間たちに罠を仕掛けていきます。

しかし、その過程で自らも権力や欲望に囚われていき、家族や仲間との絆を失ってしまいます。

このドラマは、政治家や官僚、財界などの権力者たちが自分たちの利益や地位を守るために不正や隠蔽を繰り返し、国民や社会のために働くことを忘れている現状を描きました

また、そのような権力者たちに対抗するためには、法や倫理を無視した手段も必要だという暗黒面も示しました。

さらに、メディアやSNSなどの情報発信手段が政治や社会に与える影響力や危険性も指摘しました。

このドラマは、ただ単純に復讐劇として楽しむだけではなく、視聴者に自分たちが生きる社会や政治について考えさせるきっかけを与えました。

私たちは、権力者たちに騙されず、真実を知ることができるでしょうか?

また、自分たちの声や意見を正しく伝え、権力や欲望に囚われず、自分たちの信念や家族を守ることができるでしょうか?

このドラマは、そうした問いを投げかけることで、社会的な意義を持っていました。

また、このドラマは、登場人物たちの人間味や感情も描きました。

鷲津亨は、復讐のためには手段を選ばない冷徹な人物に見えましたが、実は息子や妻を愛する父親であり夫でした。

犬飼孝介は、権力欲に溺れた政治家に見えましたが、実は亨に対して親子以上の愛情を抱いていました。

鷹野聡史は、二世議員として軽薄な人物に見えましたが、実は亨の友人であり正義感の強い人物でした。

このように、登場人物たちは一面的ではなく、多面的で複雑な人間性を持っていました。

このドラマは、そうした人間ドラマとしても魅力的でした。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『罠の戦争』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました