新サイトはこちら

結婚式をぶち壊した女たち!Netflix映画『ウェディング・ハイ』をレビュー

皆さんこんにちは!こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

Netflixの配信作品を視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は篠原涼子主演「ウェディング・ハイ」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

 

出典:Youtube –  映画『ウェディング・ハイ』本予告【2022年3月12日(土)<大安吉日>ロードショー】 より

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」のストーリー

今回はNetflixで配信中の国内映画作品「ウェディング・ハイ」についてご紹介します。

この映画は、お笑い芸人で脚本家としても活躍するバカリズムがオリジナル脚本を書き下ろした、結婚式を舞台にした群像コメディです。

主演は篠原涼子さんが演じる敏腕ウェディングプランナーの中越真帆です。

彼女が担当する結婚式には、一癖も二癖もある参列者たちが集まり、思わぬ騒動が巻き起こります。笑いあり涙ありの感動作です。

では、あらすじと見どころを詳しく見ていきましょう。

石川彰人(中村倫也)新田遥(関水渚)は、中越真帆(篠原涼子)に支えられながら結婚式の準備を進めています。

しかし、彰人は結婚式に対して消極的で、遥は細かいことに無頓着です。

彰人は招待客や余興などの決定に苦労し、遥は新婚旅行やドレス選びに夢中です。

そんな二人の結婚式には、主賓スピーチや余興などに人生を懸ける参列者たちが集まります。

彼らの思いが暴走し、披露宴は予測不能な方向へと進んでいきます。

一方、遥の元恋人である裕也(岩田剛典)は、遥の結婚を知って花嫁略奪を計画します。

さらに、友人でも親戚でもない謎の男・澤田(向井理)が式場に現れます。

彼は何者なのか、何を目的としているのか、誰も知りません。

中越は結婚式を最高のものにするために奮闘しますが、次々と起こるトラブルに対処しきれません。

結婚式は大混乱に陥りますが、それぞれの思いが交錯する中で、意外な展開や感動的な場面もあります。

 

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」を視聴してみた感想

私はこの映画を観て、とても楽しめました。まず、登場人物たちが個性的で魅力的です。

新郎彰人(中村倫也さん)はお人好しで流されやすい性格で、新婦遥(関水渚さん)は天真爛漫で細かいことは気にしないタイプです。

彼らの結婚式には、元カレ(岩田剛典さん)、ご祝儀泥棒(向井理さん)、映画監督志望の後輩(中尾明慶さん)、縄抜け好きの叔父(池田鉄洋さん)、名誉回復を狙う上司(高橋克実さん)などなど、様々な人物が参加します。

彼らが巻き起こす騒動は笑いの連続で、飽きることがありませんでした。

また、この映画はコメディだけではなく、感動的なシーンもあります。

中越真帆はどんな要望にもノーを言わず受け応えるプロフェッショナルですが、その裏には彼女自身の過去や想いがあります。

彼女が結婚式にかける思いや信念が明らかになっていく過程は胸に迫りました。

また、新郎新婦や参列者たちもそれぞれに結婚や恋愛に対する葛藤や決意を持っています。彼らの心情が交錯するシーンは涙を誘いました。

この映画は笑いと感動のバランスが絶妙で、見終わった後に心が温まりました。

結婚式という人生最大のイベントを通して、人間関係や人生観を描いた作品です。

篠原涼子さんを始めとする豪華キャスト陣の演技も見どころです。

 

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」のキャストやスタッフ

この映画は、バカリズムがオリジナル脚本を手掛け、篠原涼子が主演を務めたコメディー作品です。

では、登場人物と演じた俳優さん、そして製作陣の方々を見ていきましょう。

まずは主人公の中越真帆ですが彼女はどんな状況でも絶対に「NO」と言わないウェディングプランナーで、新郎新婦のために知恵と工夫で難題を解決していきます。

この役を演じたのは、篠原涼子さんです。

篠原さんは、「101回目のプロポーズ」「アンナチュラル」など数々のヒット作に出演してきた実力派女優さんです。

今回は、バカリズムさんの脚本に挑戦し、コメディータッチの演技を見せてくれました。

次に新郎新婦の石川彰人と新田遥です。

彰人は穏やかだが少し流されやすい性格で、遥は結婚式を心待ちにする天真爛漫な女性です。

二人は担当プランナーの中越に支えられながら結婚式の準備を済ませ、ようやく当日を迎えますが、そこには思わぬトラブルが待ち受けていました。彰人を演じたのは、中村倫也さんです。

中村さんは、「あなたの番です」「ハケンの品格」など話題作に出演し、注目度が高まっている若手俳優さんです。遥を演じたのは、関水渚さんです。

関水さんは、「おっさんずラブ」「恋する母たち」などで活躍している女優さんで、今回は初めて映画のヒロインを務めました。

そして、花嫁を奪いに式に乱入しようとする新婦の元カレ・八代裕也と、披露宴会場に姿を現す謎の男・澤田紀昭です。

裕也は遥と別れた後も未練が残っており、友人たちと共に結婚式に乗り込みます。

澤田は窃盗容疑で懲役3年の判決を下されたが逃亡中で、何故か式場に現れます。

裕也を演じたのは、岩田剛典さんです。

岩田さんは、「るろうに剣心」シリーズや「今日から俺は!!」などでアクションやコメディーなど幅広いジャンルに挑戦してきた俳優さんです。澤田を演じたのは、向井理さんです。

向井さんは、「容疑者Xの献身」「半沢直樹」などで名演技を披露してきた実力派俳優さんで、今回は謎めいた役どころに挑戦しました。

また、主賓あいさつに人生を懸ける新郎の上司・財津俊彦を演じたのは、高橋克実さんです。

高橋さんは、「相棒」「半分、青い。」などでベテラン俳優として活躍しています。

今回は、お笑いの勉強のために劇場に通うという変わった設定のキャラクターを演じています。

その他にも、新郎新婦の家族や友人、プランナーの中越と共に働く披露宴スタッフ、新郎新婦の高校の恩師や上司など、個性豊かなキャストが揃っています。

空気階段やヒコロヒーなどの芸人さんも出演しており、笑いの要素も満載です。

この映画の監督は、大九明子さんです。
大九さんは、「勝手にふるえてろ」「ダンスウィズミー」などで独自の世界観を表現してきた女性監督です。

今回は、バカリズムさんが書き下ろしたオリジナル脚本を映画化しました。

バカリズムさんは、「バカリズム THE MOVIE」「劇場版 ミュージカルおそ松さん」などで脚本家としても活躍しています。

二人のタッグで生み出されたこの映画は、結婚式という晴れの舞台で繰り広げられるドタバタ劇と人間ドラマを楽しむことができます。

 

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」のメイキング

では、ここからはメイキングについて詳しく見ていきましょう。

まず、映画の公式YouTubeチャンネルでは、メイキング映像(わちゃわちゃ編)が公開されています。

こちらでは、篠原涼子や中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実などオールスターキャストが撮影現場で楽しそうにわちゃわちゃしている様子が見られます。

特に篠原涼子と向井理の掛け合いや、岩田剛典と関水渚のキスシーンの裏側などは必見です。

また、バカリズムも現場に顔を出しており、監督やキャストと和気あいあいと交流しています。

次に、SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)では、大九明子監督の魅力に迫るメイキング写真が解禁されています。

こちらでは、主演の篠原涼子と監督の2ショットを収めた写真や、監督がカメラを構える姿などが見られます。

篠原涼子は、監督の第一印象や役作りの参考にしたエピソードなどを語っており、監督との信頼関係が伝わってきます。

また、監督もバカリズムの脚本や自身が書き下ろした片桐はいりさんの役などについてコメントしています。

最後に、Astage(アステージ)では、「チーム中越」のメイキング映像と写真が解禁されています。

こちらでは、「絶対にNOと言わない」敏腕プランナー中越(篠原涼子)率いるウェディングプランナーチームの活躍ぶりが見られます。

チーム中越は、中越以外にもウェディングドレス担当の小林(山本舞香)、料理担当の松本(小林豊)、音響担当の佐々木(瀬戸利樹)、司会者の山田(バカリズム)からなります。

彼らはそれぞれ自分の仕事に誇りを持ち、中越の指示に従って結婚式を成功させようとします。

しかし、彼らもまた結婚式にまつわる様々なトラブルに巻き込まれていきます。

メイキング映像や写真では、彼らの仲の良さや撮影の裏側などが垣間見えます。

以上、Netflixで配信中の国内映画作品「ウェディング・ハイ」のメイキングについてご紹介しました。

この映画は、笑いと感動とサプライズが満載の爆笑ウェディング・エンターテインメントです。

登場人物全員が魅力的で愛おしいですし、伏線回収の爽快感も素晴らしいです。






Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」の評価や批評

私はこの映画を見て、とても楽しめました。

まず、バカリズムの脚本が秀逸だと思います。登場人物たちの個性や背景が丁寧に描かれていて、それぞれの関係性や思惑が絡み合ってドタバタ劇になっていきます。

伏線も多く張られていて、終盤の回収が見事です。

笑いの要素も満載で、突拍子もない展開やセリフに何度も爆笑しました。特に高橋克実さんのスピーチや岩田剛典さんの牡蠣ネタは印象的でした。

また、出演者たちの演技も素晴らしいと思います。

篠原涼子さんはウェディングプランナーとしてのプロ意識と人間味を見事に表現しています。

中村倫也さんと関水渚さんは新郎新婦として幸せそうな雰囲気を醸し出しています。岩田剛典さんは元カレとして執念深く迫ってきます。

向井理さんは新婦の兄としてクールな態度を取ります。

他にも、中尾明慶さんや浅利陽介さんなど、個性的な役柄を演じています。

ただ、この映画にも欠点はあります。

一つは、登場人物が多すぎて話が散らかりやすいことです。

結婚式の参列者や関係者が次々に登場してくるので、誰が誰だか分からなくなることがあります。

また、それぞれの人物にスポットライトが当たることで、主演の篠原涼子さんの存在感が薄れてしまうこともあります。

もう少し彼女に焦点を当てた方が良かったかもしれません。

もう一つは、映画らしい見せ場が少ないことです。

この映画は基本的に結婚式場で展開されるので、映像的にはあまり変化がありません。

音楽も印象に残る曲はあまりありません。コメディ作品としては十分面白いですが、映画作品としては物足りなさを感じるかもしれません。

以上が私の評価と批評です。

私はこの映画を4点(満点5点)と評価します。

笑えるシーンや感動するシーンが多くありましたし、バカリズムの脚本や出演者たちの演技に魅了されました。

ただ、登場人物が多すぎたり、映画らしさが足りなかったりという欠点もありました。

それでも、結婚式という一生に一度のイベントを様々な角度から描いたこの映画は、見応えのある作品だと思います。

 

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」に関する背景や社会的意義

この映画の舞台は、結婚式場です。

新郎新婦の石川彰人(中村倫也)と新田遥(関水渚)は、敏腕ウェディングプランナーの中越真帆(篠原涼子)に支えられながら結婚式の準備を進めていました。

しかし、式の参列者たちは、主賓スピーチや余興など結婚式の定番の演目に並々ならぬ情熱を注ぐ曲者ばかりでした。彼らの思いが暴走し、披露宴に暗雲が立ち込めます。

それでも中越は結婚式を最高のものにするため、披露宴スタッフと共に前代未聞の計画を立ててミッションを遂行していきます。

ところがその一方で、元恋人である遥の結婚を知った裕也(岩田剛典)が花嫁略奪を計画し、さらに友人でも親戚でもない謎の男・澤田(向井理)が式場に出現します。

結婚式は予測不能な方向へと進んでいきます。

この映画は、笑いあり涙ありのドタバタ喜劇ですが、同時に日本の結婚式という文化や社会についても考えさせられる作品です。

結婚式というイベントは、新郎新婦だけでなく、参列者や関係者にとっても人生における大切な節目や記念日です。

しかし、その一方で結婚式は高額な費用や多くの準備が必要であり、また少子高齢化やコロナ禍など社会環境の変化によってもそのあり方が変わってきています。

この映画では、そんな結婚式に対する様々な価値観や思い入れがぶつかり合います。

例えば、財津(高橋克実)は自分の主賓スピーチに人生を懸けており、自分の話ばかりして時間を延ばそうとします。

彼は自分の成功体験や人生哲学を語ることで新郎新婦や参列者に感動を与えようとしていますが、実際には周りからは迷惑がられています。

彼は結婚式を自分のステージとして利用しようとしており、新郎新婦の幸せを願っているのか疑問に思われます。

一方で、澤田(向井理)は結婚式に招待されていないにも関わらず、突然現れて新郎新婦に祝福の言葉を述べます。

彼は実は窃盗犯であり、逃亡中に偶然見かけた結婚式場に入り込んだのです。

彼は新郎新婦とは全く面識がなく、結婚式に対する思い入れもないはずですが、なぜか彼らの幸せそうな姿に感動して涙を流します。

彼は結婚式を人生の祝福として捉えており、新郎新婦の気持ちを尊重しています。

このように、この映画では結婚式に対する様々な視点が描かれています。

それぞれのキャラクターに共感したり反感したりしながら、観る者も自分の結婚観や結婚式観を見つめ直すことができるでしょう。

また、この映画はコロナ禍の中で制作された作品であり、その影響も感じられます。

例えば、披露宴では参列者がマスクを着用したり、ソーシャルディスタンスを保ったりしています。

また、新郎新婦や参列者が抱える不安やストレスも描かれています。この映画は、コロナ禍で変化する結婚式のあり方や意義についても考えさせられる作品です。

『ウェディング・ハイ』は、笑って楽しめるだけでなく、考えさせられる映画です。Netflixで配信中なので、ぜひご覧になってみてください。

この映画を通して、結婚式という文化や社会について考えるきっかけになれば幸いです。

 

Netflix配信作品の国内映画「ウェディング・ハイ」のSNSの反応

 

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も篠原涼子主演『ウェディング・ハイ』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました